c0110869_23333374.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、小麦と
お野菜を作っています。
c0110869_13314832.jpg
c0110869_9593410.jpg
c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)

5/22(月)から野菜の
出荷を再開しました!


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(169)
(151)
(121)
(80)
(78)
(76)
(73)
(66)
(61)
(60)
(50)
(36)
(33)
(30)
(25)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
記事ランキング
ジャケットの襟の黄ばみを、自分で落としてみる。

c0110869_9311645.jpg

さっと羽織れる、軽くて無難なジャケット。
ちょうどいまの季節、出番が多い。

いろいろと、自分で落とす方法を検索してみる。

どうやら、汗染み(=皮脂)らしい。
お湯でないと落ちないらしい。
ドライクリーニングでは落ちないらしい。

表示は、綿61%、ポリエステル36%、ポリウレタン3%
水洗い禁止で、ドライセキユ系。
だが、シルクやウールでない限り、水につけるのはOKみたい。

大鍋にお湯を沸かして(40℃くらい)、
酸素系漂白剤規定量と、洗濯せっけん少々と、重曹少々を溶かす。
つけ込むこと30分、あらキレイ。
袖口の汚れは別モノだったらしく、
そこだけ歯ブラシで優しくなでたらすぐ落ちた。

あとは水張って、優しくゆすいで、
ネットに入れて軽く脱水、陰干し。

なんだ、意外とカンタン!
小さなことだけど、かなり有頂天になって喜んだ。



c0110869_9492356.jpg

ネットで、おまけ情報も手に入れた。

洗濯物の生乾きのにおいは、
洗い残しの汚れに雑菌が繁殖するから。

いままでは、洗濯時に酸素系漂白剤を加えたり、
すすぎ時にハッカオイルを垂らしたり。
それでも全然ダメで、コインランドリーで乾燥してた。
さらにそれ以前は、部屋干し合成洗剤で、
肌の弱い夫をかぶれさせてた、鬼嫁。


そこで、酸素系漂白剤をプラスしたら、つけ置き時間をとってみる。
スタートを押して、洗濯物とあらかた混ざったら、
一時停止して、30分後くらいに再スタート。
…オートリーズか?

今日も曇りで半乾きだったけど、部屋に干しても臭わなかった!
またもや、有頂天。
キライな洗濯がちょっと好きになりそう。

by motoarai | 2007-10-14 09:28 | モノ
<< 和梨のベーグルサンドのリベンジ カボチャの海 >>