S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
c0110869_23333374.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、小麦と
お野菜を作っています。
c0110869_13314832.jpg
c0110869_9593410.jpg
c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(169)
(151)
(121)
(81)
(80)
(76)
(73)
(66)
(61)
(60)
(50)
(36)
(33)
(30)
(25)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
記事ランキング
カテゴリ:農家の地味メシ( 239 )
赤紫蘇シロップの味見をしてみる

c0110869_20582350.jpg

いまさらなんだけど、
完全に季節はずれなんだけど、
はじめて、しそジュースの味見。

9月4日に仕込んだ赤紫蘇シロップ
ペリエで割って飲んでみる。

おいしい、おいしい。
風呂上りに飲んだら、疲れもすーっと引いていく。
酢と糖分の即効作用かな。

赤紫蘇にももちろん、疲労回復効果はあり、
さらに、花粉症などのアレルギー症状にも効くんだとか。


作り方は、SHUさんの赤紫蘇シロップをマネして。
「しそジュース」とかで検索すると、
たいてい、紫蘇を煮出した煮汁をジュースにするのが多いんだけど、
この、氷砂糖でじわじわシロップが出来る過程が魅力的なのだ。



c0110869_19572412.jpg
赤紫蘇は、畑で育てたもの。

酢は、マルシマ 有機純米酢
とくにこだわりもなく、ピクルス用にとツルヤで購入。
なかなかマイルドで使いやすい。

氷砂糖は、3年前に梅酒用に買った残り。
果実酒はもう当分仕込まないので、ようやくなくなってスッキリ。




by motoarai | 2009-10-25 21:23 | 農家の地味メシ
自家製トマトピューレ

c0110869_2114122.jpg

割れてしまって出荷できない完熟トマト
(もちろん農薬・化学肥料不使用)
刻んで、刻んで、刻んで。


c0110869_212477.jpg
先日購入したミキサー
なかなかパワフルな仕事をしてくれる。

ミキサーにかけたトマトを、
金ザルで漉しながら鍋にあけて、
弱火で煮詰めていく。

深い鍋にしたことを後悔。
煮詰まるまで時間がかかってしょうがない。
コトコト、2時間ほど。


c0110869_2124767.jpg
すぐにピザソースとしても使えるように、
ゲランドの塩とバジル、オレガノも加える。

あれだけあったトマトが、
200mlのビン、たったの4個半。

ちょっと味見してみたら、う、うまいー。
ものすごく甘みと旨みが濃縮されている。
トマトジュースどころじゃない。


→保存ビン、ケース買い
by motoarai | 2009-09-27 20:54 | 農家の地味メシ
なすミートピザ

c0110869_2226555.jpg

畑のナスが1個だけ実っていたので、
うすーくスライスしたのを乗せて、
オリーブオイルをまわしかけて焼く。

生地には、いつものトマトソースではなく、
昨晩作ったミートソースを塗って。

生地は、酵母を切らしていたので、イースト0.15%のみ。
華梓70%+夢あさひ30%
洗双糖3%、ゲランド2%、水62%
行程は、だいたいこのときと同じ。

強力粉だけなので、やっぱり引きが強く、
ミミはふっかり。

生地をゲンコツでぐるぐるまわしながら、
上手にのばせるようになってきた。
そのうち空中を舞わせるようになるんじゃないかと、
そんな自分がおかしくてしょうがない。



by motoarai | 2009-09-24 22:24 | 農家の地味メシ
サツマイモのポタージュ

c0110869_2285992.jpg

自分たちで育てたサツマイモが大量にあるので、
朝食は、ポタージュで消費。

玉ねぎをバターで炒めて、
お芋と冷凍ストックのトウモロコシも加えて、
ひたひたの水で柔らかくなるまで茹でたら、
ミキサーでがががっと。
再び鍋に戻して、牛乳(あれば豆乳半々)でのばして。

コンソメとかの旨み調味料はなくても、
玉ねぎの旨み、コーンの甘みで十分美味しい。

上に振ったのは、パセリではなく人参葉のふりかけ


バジルペーストといい、冬のポタージュといい、
畑の恵みで仕込むと、スケールがかなり変わってくる。
今後のことも考えて、大きいミキサーを買おう。



by motoarai | 2009-09-23 22:07 | 農家の地味メシ
間引きニンジンと小タマネギのピクルス

c0110869_22133053.jpg

うちのピクルスはいつも、昔の雑誌の切り抜きを参考に。
(今となっては、どの料理家さんのレシピなのかとても気になる)

写真では、全部浸ってないけど、
あとからマリネ液追加でひたひた。

野菜は塩を振り、2時間おいて水洗い、水気をふきとる。
(ところが、急な外出のため予定が狂い、丸一日塩漬け、しかも水洗い忘れる)

マリネ液は、有機米酢600cc 水200cc
洗双糖大さじ2  塩小さじ1 沸騰したらすぐ。

マスタードシード(粒) 黒胡椒(粒) 炒る
 
ローリエ(葉) にんにく(生) エスタラゴン(ドライ)
セロリ(粉) フェンネルシード(粉) 白胡椒(粉) 

1~2週間で食べられるようになり、1年間はもつ。


by motoarai | 2009-08-21 22:12 | 農家の地味メシ
ニンジンの葉をレンジで乾燥させて、ふりかけにしてみる。

c0110869_21385170.jpg
間引きニンジンの葉を、茎からはずす。

いままでは、油で炒めてふりかけにしていたんだけど
(→参考レシピ)、
ドライバジルの要領で、電子レンジで乾燥させれば、
ノンオイルだし、洗い物少ないし、で試してみる。



c0110869_21402867.jpg
レンジ強(うちのは700w)で2分半~。

オーブンや天日乾燥より短時間なので、
色がきれいに残るらしい。

追記
キッチンペーパーはなくて可。
1分ずつ様子を見る。軽く散らして。
完全にパリパリにしなくても可。
ラップに包んで冷蔵庫保存すれば、勝手に乾燥進む。
冷凍保存で、色持ちが良い。


c0110869_21404618.jpg
量が多ければ、フープロでもいいのかも。

今回は、「江の島名産たたみいわし」を火であぶって。
もちろん、干しえびやカツオ節でもよさそう。
あとは白ごまもたっぷり加えて。

味を見ながら、塩も加える。
今回は「海の精」を軽く炒って、サラサラにしたもの。


c0110869_2143882.jpg
ふりかけ完成。

最近、暑くて麺ばかり食べていたけど、
ご飯を炊きたくなった。



by motoarai | 2009-08-17 21:54 | 農家の地味メシ
畑のバジルで、スパゲッティ ジェノベーゼ

c0110869_2215268.jpg

こんなに鮮やかな色にできたのは初めて。
バジルが良いのか?手順がよかったのか。

使う材料は、毎回テキトー。

レモン汁もないからお酢で代用。
松の実は中国産しか売っていから、
たいていクルミとかのナッツ類で代用。
今回なんて、ビスコッティのために買ってあったアーモンドだし。

チーズは、パルミジャーノがなくて、
ペコリーノロマーノをすりおろして。

ルッコラでも同じようなペーストができるのか試してみたい。
オリーブオイルを佐久の菜種油に変えたり、
ナッツをごまペーストにかえてみたり。

パンに塗ったり、生地に練りこんだり、
ジャガイモに絡めたり、
ピッツァ ジェノベーゼなんてものいいなぁ。


→今回の配合メモ…
by motoarai | 2009-07-21 22:49 | 農家の地味メシ
ルッコラとバジルのピザ

c0110869_21563719.jpg

今回も、いただいた無農薬中力粉を贅沢に100%使って。
酵母は、イースト0.12%で。
ほかは いつもの青サフピザと同じ。

捏ね上げ温度20.5。
一次発酵は、23℃くらい、約3時間で1.5倍。
パンチせず冷蔵庫で7時間。
計10時間くらい。 ちょうど2倍強。

焼成は、天板をガス火で熱しつつ、
そこに生地を乗せて、具も乗せて、
熱い天板ごと予熱したオーブン上段に入れて、
グリルキーで10分程度。

底にもちゃんと焼き色がついて、なかなか狙い通り。
オーブンシートあるかないかで、だいぶ変わると思う。

イーストがあれば、思い立ったときにピザを仕込めるけど、
そういうときに、チーズは無かったりする。
なので、富澤商店でミックスチーズまとめて買っておいたけど、
やっぱり、モッツァレラとパルミジャーノがいいなぁ。

近くのスーパーにはないので、
またネットでブッショクしないと。


by motoarai | 2009-07-09 21:56 | 農家の地味メシ
ルバーブでジャムを作る

c0110869_2274029.jpg

採りたてをいただいたので、
さっそくジャムにしてみる。

ルバーブ 500g
洗双糖  250g
白ワイン 100g

行程は、こちらを参考にしつつ。
鍋の白ワインが沸騰したら、
1~2cmに切ったルバーブ(茎)投入。
やわらかくなったら、洗双糖。
アクをとりつつ、強めの火で手早く煮詰める。
(この量で、ボンヌママンの瓶2.7個分)

すぐにやわらかくなるので、
砂糖に漬けておかなくても良さそうな気がする。
むしろ、形を残したいときは砂糖に漬けて水分出すとか。

生でかじったら、酸っぱくて、
野蕗に似たアクっぽさもあったけど、
ジャムにしてみたら、マーマレードのような爽やかな酸味。
パンに塗ったら、なんだか青りんごにも似てるような。
苦味もなく、とても食べやすくて美味しい。



by motoarai | 2009-05-04 22:08 | 農家の地味メシ