S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
c0110869_23333374.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、小麦と
お野菜を作っています。
c0110869_13314832.jpg
c0110869_9593410.jpg
c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)

現在冬休み中です。
5月末頃再開予定。

カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(171)
(151)
(125)
(82)
(80)
(76)
(73)
(66)
(61)
(60)
(50)
(36)
(33)
(30)
(28)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
記事ランキング
カテゴリ:農家の地味メシ( 248 )
なんちゃって釜飯

c0110869_2052742.jpg

漬け物名人だとひそかに思っているおばちゃんが近所にいる。

野沢菜漬け。
「もう酸っぱくなっちゃってるから、塩抜きして炒めてね」と。
でも、このままでも十分美味しい。すごい旨み。
野良仕事の合間に、嬉しい乳酸菌パワー。

昆布入りと、生姜入りの2種類を、どっさりいただく。
塩抜きしたものを、さらに辛子と醤油で漬けておけば、
6月くらいまで美味しく食べられるんだって。
素晴らしい知恵。

しまうりの粕漬け(奈良漬け)は、
自分で育てたうりを夏に漬けるそう。
うんめー。なんじゃこりゃー。
粕漬けで、こんなに美味しいと思ったのは初めて。

しまうりって、信州諏訪名産だったのか。
まだ種まき間に合うかな、作ってみたい。

私たちは、無農薬の野菜だけでなく、
それを使った農産加工品にも力を入れたいと思っている。
味噌も、漬け物も、パンもセットに。

漬け物の修業先は決まった。

菜花もなめこも、近所のおばちゃんにいただいた地元の物。
白花豆の甘煮は我が家の。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空いた釜を、器に使っただけ。
中は、普通に炊飯器で炊いたご飯。

「おぎのや」のサイトには、
この釜を使ったレシピがたくさん載っている。
茶碗蒸しいいな~。

直火も、オーブンも、電子レンジも、蒸し物もOKな釜。
これはいろいろと使えそう。
この釜でオニオングラタンスープなんて、渋すぎ。



今日の立科町美上下(標高1000mの畑)
晴れ
最低-1℃  最高19℃ 


by motoarai | 2010-04-10 20:49 | 農家の地味メシ
ねぎパスタと紫蘇ソーダ

c0110869_1939682.jpg

ずっと買い物に出てなくて、ネギしかない。

ニンニク、ネギ、大根の塩きんぴら(昨晩の残り)を炒めて、
しょうゆとオイスターソース少々で味付け。
思ったより美味しくできてた。


c0110869_19392741.jpg
昨年の赤紫蘇シロップをペリエで割って。

一気に暖かくなって、汗かく作業。
これをゴクゴク飲み干すのを楽しみに帰ってくる。

夏に向けて、ビールの買い溜めではなく、
ペリエの買い溜めをしようかと。



今日の立科町
くもり ときどき晴れと小雨
最低4℃  最高17℃ 


by motoarai | 2010-04-01 20:14 | 農家の地味メシ
花豆煮

c0110869_1956956.jpg

大豊作だったこの紫花豆

でかい!うまい!と追加注文をいただき、
おかげさまで、これが最後の130g。
まだ白いのはあるから、豆には困ってないけど。

その後、いろいろ花豆の煮方をチェックするようになり、
けっこう茹でこぼしてアク抜きするものなんだと知る。

家にずっといるなら、お鍋でコトコトもいいけど、
やっぱりいつもの圧力鍋で。

24時間浸した豆を、水かえて3分くらい茹でる→茹でこぼす を2回。
水かえて、加圧5分、放置。

いつもなら、そこに粗精糖をまぶして、冷めるまで放置だけど、
今回は、茹で汁捨てて、あらかじめ作っておいたシロップで豆を煮含める。
(豆の2倍強の水+豆の40%の粗精糖)
仕上げに、みりんと塩少々。

透明感のある、品のいい煮汁になった。
美味しい、美味しい、とまらない。

おちょこは自作。


今日の立科町
くもり のち雪
最低3℃  最高4℃ 


by motoarai | 2010-03-24 20:12 | 農家の地味メシ
白菜のカルボナーラ

c0110869_18212091.jpg

キャベツを入れたいところだけど、
白菜しかないので、これで代用。

これはこれで、なかなか美味しい。
というか、玉ねぎと同化して、ほとんど存在感はない。
ま、カサ増し作戦だからね、それでいいの。

ウインナーを厚切りベーコン風に切って。

「カルボナーラには、牛乳も生クリームも入れないのよ」と
どこかのイタリア人が言っていて、
それが都合良くて、しょっちゅう真似して作っている。

多めのオリーブオイルでニンニク・玉ねぎなどを炒めたら、
茹でた麺を投入して、炒めて、
火を止めてから、削ったパルミジャーノと卵を混ぜておいたもので和える。

「卵ソース」みたいなイメージ。



今日の立科町
晴れ
最低-1℃  最高11℃ 


by motoarai | 2010-03-19 18:34 | 農家の地味メシ
ごぼうのパスタと麻婆大根

c0110869_19551252.jpg

ちょっと焦ってるときは、
おにぎり持って畑に出かけていたけど、
最近は、家に戻ってきてお昼を食べている。

畑と自宅の距離は、3kmくらい。

家でのお昼といえば、まー飽きもせずパスタばかり。
乾麺の減りが、早い早い。

今日は、ニンニク、玉ねぎ、ごぼう、しいたけ、ウインナー1本のしょうゆ味。

毎度、残り物の組み合わせなんだけど、
これがたま~に、予想をはるかに超えた美味しさになったりするから面白い。

先日、アボガドと下仁田葱と前日のニョッキ(クリームソース)としょうゆを
ごしゃまぜにしたパスタが、べらぼうに旨かった。
たぶん、もう二度とできない。



c0110869_19553034.jpg
大根、白菜、芋類ばっかり使い回した食卓だけど、、
有り難く、美味しくいただいています。

挽肉少々を炒めて、ネギ・生姜・ニンニクを加えて、
縦四つ割りを乱切りにした大根、
あればごぼうなども加えて炒め、
酒を振り、水1cupくらい入れて、
フタをして15分くらい、柔らかくなるまで。

そのあと、味噌的な味付け。
我が家には豆板醤、甜麺醤がないので、
テキトーに味噌、しょうゆ、ラー油、オイスターなど混ぜた物を。

再度3分くらい煮てから、水溶き片栗粉。

下茹でが必要な煮物より、少し気がラク。

大きな中華鍋でたっぷり作って、
翌日も美味しくいただいた。



今日の立科町
小雨のち くもり 午後は晴れ
最低7℃  最高10℃ 
畑の雪は溶けたけど、土はべちゃべちゃ。

by motoarai | 2010-03-16 20:20 | 農家の地味メシ
ニョッキ

c0110869_22481783.jpg

近所のおばちゃんから、冬にたくさんいただいたジャガイモ。

寒い部屋で凍らないようにと、
スチロール箱に入れて冷蔵庫の上へ。
案の定、置きっぱなしで、芽が出てしまっていた。

まとめてガッツリ消費していこうと、まずはニョッキ。
ジャガイモ500g茹でて、粉ふき。
オリーブオイルとバターちょっとずつ、
塩は小さじ1弱。全卵1個。かなりテキトー。
今回は、ファリーヌ130gくらい。
まだ、粉足りないかも。ゆるめ。


フォークで模様つけるやり方、
動画を発見してようやく理解できたので、次回こそ。

カルパッチョソースも使ったよ。
たま~に、こういうの買うと楽しいね。




今日の立科町
晴れ 風が強い
最低2℃  最高8℃ 


by motoarai | 2010-03-03 22:56 | 農家の地味メシ
銀手亡(白いんげん豆) を茹でてみる

c0110869_22383563.jpg

先日選別していた 銀手亡(白いんげん豆)を茹でてみた。

半日くらい水に浸してから、
渋きりの茹でこぼしせず、加圧5分。
ちょっと茹ですぎで皮がやぶれる。

白花豆より美味しい。
後味が練乳を思わせるような、
ねっとり濃厚な味。

スープやサラダにしたくて味つけなかったけど、
これは、むしろ甘煮や和菓子にぴったりなのでは。

今年も栽培することに決定。
いい種を選んで、確保しておこう。



今日の立科町
朝は霧 終日くもり
最低2℃  最高7℃

日差しなくても、ハウスの中は22℃ 


by motoarai | 2010-03-02 22:48 | 農家の地味メシ
オーブントースターで、ローストオニオンを作る

c0110869_2143322.jpg

以前、教えていただいたローストオニオン

とくにオーブンの余熱もなかったので、
今回は、少量をトースターで作ってみる。

完成は、さきいかみたい。
部屋中美味しい香りプンプンで、
玉ねぎだけなのに、なぜかソーセージを連想してしまう。

↓ 続きは下へ…


今日の立科町
晴れて暖かい 一気に雪が解けはじめる
最低-7℃  最高6℃ 



→行程は…
by motoarai | 2010-02-20 22:19 | 農家の地味メシ
割り干し大根の煮物

c0110869_2362694.jpg

この生命体の正体はこちら
寒い部屋にいくつか転がっていたのが、もうこれで最後。

「冬に備えて保存食作り」なんて、
東京の暮らしでは、いまいちピンとこなかったけど、
何も育たない山間地で冬を経験してみると、
保存食の必要性をひしひしと感じる。

直売所の野沢菜が飛ぶように売れるのも、
今なら納得できる。

もちろん、車で5分も下ればスーパーはあるんだけど、
やっぱり、平坦な道の5分とは違うし。
今さら、綺麗にパッケージされた野菜にお金払うのも、ちょっとね。



c0110869_2364832.jpg
干し大根は、どこまで干すのが正解というものではなく、
数時間干したものから、
1~2週間干してしなびたのを鍋に入れても美味しかった。

ここまでカラカラに水分抜けたものは、
ハサミでチョキチョキ適当な大きさに切って、
ゆっくり半日くらいかけて水で戻して。
ついでだから自分で干した椎茸も一緒に戻しちゃって。



c0110869_237451.jpg
この大根のシコシコした食感は、鶏肉に煮てるかも。

ということで、ちょっと鶏肉も入れて、
生姜、ニンニクと一緒にごま油で炒めて、
ひたひたの戻し汁と、酒、醤油、みりんで煮てみたけれど
やっぱ大根は大根だった。

部屋の暖房、いつもは威力のある石油ファンヒーターのみ。
でも最近は、煮豆やらおでんやら、コトコト煮込む系が多くて、
そのときは、鍋も乗せられるストーブを持ってくる。

部屋に長時間いる、この時期だけの楽しみ方。



今日の立科町
晴れ 9日ぶりの青空
最低-4℃  最高4℃ 


by motoarai | 2010-02-18 23:53 | 農家の地味メシ
赤紫蘇シロップの味見をしてみる

c0110869_20582350.jpg

いまさらなんだけど、
完全に季節はずれなんだけど、
はじめて、しそジュースの味見。

9月4日に仕込んだ赤紫蘇シロップ
ペリエで割って飲んでみる。

おいしい、おいしい。
風呂上りに飲んだら、疲れもすーっと引いていく。
酢と糖分の即効作用かな。

赤紫蘇にももちろん、疲労回復効果はあり、
さらに、花粉症などのアレルギー症状にも効くんだとか。


作り方は、SHUさんの赤紫蘇シロップをマネして。
「しそジュース」とかで検索すると、
たいてい、紫蘇を煮出した煮汁をジュースにするのが多いんだけど、
この、氷砂糖でじわじわシロップが出来る過程が魅力的なのだ。



c0110869_19572412.jpg
赤紫蘇は、畑で育てたもの。

酢は、マルシマ 有機純米酢
とくにこだわりもなく、ピクルス用にとツルヤで購入。
なかなかマイルドで使いやすい。

氷砂糖は、3年前に梅酒用に買った残り。
果実酒はもう当分仕込まないので、ようやくなくなってスッキリ。




by motoarai | 2009-10-25 21:23 | 農家の地味メシ