c0110869_23333374.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、小麦と
お野菜を作っています。
c0110869_13314832.jpg
c0110869_9593410.jpg
c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)

5/22(月)から野菜の
出荷を再開いたします!


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(169)
(151)
(121)
(80)
(78)
(76)
(73)
(66)
(61)
(60)
(50)
(36)
(33)
(30)
(25)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
記事ランキング
カテゴリ:パン( 486 )
ダッチオーブンで楕円カンパーニュ

c0110869_12484013.jpg

このときと同じく、ダッチオーブンで鍋パン。

今回のメモ  
地元産イタリア品種小麦全粒粉 90g
はるゆたかブレンド      210g
水               210g
はちみつ             6g
ゲランド            6g 
白神こだま酵母         3g

240℃14分で蓋外した後は、
220℃に下げて、そのまま最後まで。
トータル33分くらい。


やっぱり、生地の見極めがうまくいくと、
クープもうまく開いてくれて、
そうなると美味しくて、子供の食べ方も違う。

いや、こだま酵母に変えたから美味しいのかも。
しょうゆせんべいのような香りがプンプン。


c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-03-21 12:59 | パン
ホテルブレッド風食パン③

c0110869_1585685.jpg

引き続き、ホテルブレッド風食パン。
(→このときと同じ)

そろそろ厚切りトーストにも飽きてきたのか、
スクランブルエッグを用意したり。

卵だけでもふんわり膨らむけど、
バターなしだと、引きが強いまま。
粉のせいもあると思うけど。


c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-03-04 15:15 | パン
ホテルブレッド風食パン②

c0110869_9393040.jpg

前回①に引き続き。

角食じゃないのに、断面が四角っぽくなるのが都合よくて。
ホットサンドメーカーに入れやすいから。

今回は、半端に残っていたバターも使い切る。

不思議と、卵っぽい味がバターの香りで中和されて、
入れないときよりマイルドになるかんじ。


今回のメモ  
はるゆたかブレンド 350g
水          125g
牛乳        100g
全卵1個       55g
きび糖       15g
練乳        10g
はちみつ       10g
シママース      5.8g
サフ         3g
バター        15g

170gくらいの生地×4個
ホイロ後、真ん中をはさみでチョンチョン。
切れ目に太白胡麻油を少し垂らす。

250℃予熱→入れたら5分放置→180℃28分




c0110869_9394792.jpg

厚切りトースト、スイカ食い。

c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-02-27 11:00 | パン
卵入り、油脂なしで、ホテルブレッド風食パン①

c0110869_16235861.jpg

シンプルな粉の風味を楽しむパンなら、
鍋パンのカンパーニュが冷凍ストックしてある。

食パンなら、ふわふわの食べやすさを求めてみようかと、
久しぶりに卵を入れてみる。

卵黄に分けるのが面倒で、
卵白もそのまま入れたけど、
とくに問題ないような。

バター、オイルはなしで、
練乳、はちみつを加えてみた。


今回のメモ  
はるゆたかブレンド 350g
水          125g
牛乳       100g
全卵1個      60g
きび糖       12g
練乳        10g
はちみつ       10g
シママース      5.8g
サフ        1.2g

前日夕方捏ね、冷蔵庫で長時間発酵
250℃予熱→入れたら5分放置→180℃28分




c0110869_1624117.jpg

ふわふわで満足。
こどもが喜ぶパンを作りたい。

c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-02-25 11:00 | パン
ダッチオーブンで雑穀カンパーニュ

c0110869_1553444.jpg

このときと同じく、ダッチオーブンで鍋パン。
夕方捏ね→冷蔵長時間発酵。

今回のメモ  
キシノウエン産シラネ全粒粉 150g
はるゆたかブレンド     150g
水             210g
はちみつ           6g
シママース          6g
サフ            1.2g
雑穀ミックス    大さじ1.5くらい
(お湯かけて、30分くらい浸してみた)


240℃14分で蓋外した後は、
230℃に下げて、そのまま最後まで。
トータル35分くらい。



c0110869_15535344.jpg

麦のたくましい香りに、
米っぽい香りがプラス。


キシノウエンの小麦のはなし

by motoarai | 2017-02-16 16:02 | パン
キシノウエン産シラネ全粒粉50% カンパーニュ

c0110869_12215612.jpg

前回と同じく、ダッチオーブンで鍋パン。
夕方捏ね→冷蔵長時間発酵。

今回のメモ  
キシノウエン産シラネ全粒粉 150g
はるゆたかブレンド     150g
水             210g
はちみつ           6g
シママース          6g
サフ            1.8g




c0110869_1222832.jpg

小麦のたくましい香りがたまらん。
もう食パン作らなくてもいいや。

ナイフを入れれば、お店のバゲットのようにザクザク。
激しく飛び散る皮。

クロスごと庭ではたいて、
パン好きの小鳥が来るのを待つ。

キシノウエンの小麦のはなし

by motoarai | 2017-02-09 12:32 | パン
赤ワインといちじくとレーズンのブール

c0110869_12575367.jpg

昨日の赤ワイン煮いちじくを生地に畳み込んで、
残りの赤ワインシロップも水の一部として加えて。

ガスコンロの空焚き防止装置のため、
ここ数年は、ダッチオーブンは使えずに、
その蓋だけをガスオーブン窯床として使っていたけど、
今回は、空鍋ごと庫内で予熱し、
いったん取り出して、生地を入れて、
蓋して庫内に戻してみる。


今回のメモ  
はるゆたかブレンド 300g
水       130g+α
赤ワインシロップ※  80g
シママース      6g
サフ        2.5g
いちじく5個+レーズン200g
※赤ワインシロップは、レモン汁ときび糖含む





c0110869_12571868.jpg

クリームチーズつけて食べるしかないでしょ。

図書館でみかけた本→おいしい。まぁるい鍋パン
を参考に、さっそく改善した点

・夕方捏ね→室温1.5倍でパンチ→冷蔵庫で発酵(一晩)
 →パンチして保温3時間(2倍)→成形→最終発酵50~60分

・レーズン類は、最初の1.5倍のパンチの時に畳み込む。
 広げて2/3量→三つ折り→残りの1/3量→三つ折り

・ピザピールを使わずに、
 大きめ丸に切ったクッキングシートに着地。
 →そのまま持ち上げて鍋の中へ。

・240℃12分で蓋外したあとは、200℃に下げてもよいかも。
 レーズン生地だから焦げたのかな?

c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-02-08 13:24 | パン
太白胡麻油で山食(バターなし)

c0110869_544582.jpg

菓子を焼いてるわけでもないのに、
バターの減りが早くて早くて。

今回は使わないで焼いてみる。

香りもいいし、スライスしても変わりないようだけど、
嚙み切ったときに、モチっとネチっとなっていまいちかな。
次からはおとなしくバターを使おう。

成形は大玉丸めで。
くるくる巻くよりこっちのほうが簡単で、
見た目も好きだったんだ、忘れてた。

c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-01-23 11:00 | パン
キシノウエン産ゆめかおり全粒粉33% 山食

c0110869_6512594.jpg

こだま酵母を使い切ったので、今回からサフで。

今回のメモ  粉量360g 
春よ恋     (77%)
ゆめかおり全粒粉(33%)
きび糖     (5%)
バター     (5%)
牛乳      (35%)
水      (40%+α)
サフ      (1.3%)
シママース   (1.7%)

ガスオーブン内で鉄蓋を250℃で20分予熱
窯入れ→霧吹き→放置3分→180℃30分


c0110869_6513766.jpg

パンプキンシードは、キシノウエン産。
食用種子南瓜

軽く炒って、香ばしく膨らませてから混ぜ込む。

検索してみると、すごい栄養というか、効能があるみたい。
まるで薬のような・・・。



c0110869_6521458.jpg

底面の穴を改善すべく、
ゆるく巻いたり、最終発酵を粘ったりしたけど、
そういう問題ではなかったみたい。

膨らみ過ぎて、大味なような。

こういうパンは、三ツ山よりワンローフが似合うかも。


c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-01-14 11:00 | パン
「春よ恋」で山食

c0110869_1371883.jpg

スーパーで買った「カメリア」を使い切ったので、
ネットで購入した「春よ恋」で食パンを作る。

今日は牛乳の買い置きがあったので、
脱脂粉乳は使わず。

焼いてるあいだ、菓子のような甘い香りが漂う。

そうそう、この粉は香りが甘いんだった。
で、「はるゆたか」は、旨みというか、香ばしさがあるんだったっけ。



c0110869_1375362.jpg

しっとり、やわらか。
牛乳の優しい香り。
トーストは、カメリアほどサクサクしすぎなくてよい。

以前は、バターを入れたパンの香りが好きになれなかったけど、
それは、自家製酵母との相性や、微妙な発酵臭との絡みだったのかも。

普通に、当たり前の酵母を使って、
無理なくスムーズに発酵させれば、
そのままちぎって食べたくなるような、
マイルドな美味しさになるんだなぁと発見。


今回のメモ  粉量360g 
春よ恋    (100%)
きび糖     (5%)
バター     (5%)
牛乳      (35%)
水      (40%+α)
白神こだま酵母 (1.3%)
シママース   (1.7%)

ガスオーブン内で鉄蓋を250℃で20分予熱
窯入れ→霧吹き→放置3分→180℃30分


c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-01-10 11:00 | パン