c0110869_23333374.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、小麦と
お野菜を作っています。
c0110869_13314832.jpg
c0110869_9593410.jpg
c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(169)
(151)
(121)
(82)
(80)
(76)
(73)
(66)
(61)
(60)
(50)
(36)
(33)
(30)
(25)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
記事ランキング
タグ:成型パン ( 76 ) タグの人気記事
ふつうの生地で丸パンを作る

c0110869_13314883.jpg

この秋初のパン作り。

農作業が落ち着いても、
今年は料理のほうに時間を割いていたから。

朝9時に思い立って、HB生地作りコースで捏ねから2時間。
そのあとの工程もスムーズで、お昼には焼き上がるお気楽パン。

酵母の香りが強めだけど、
ふんわり食べやすい。

今回のメモ
カメリア240g
キシノウエン産ゆめかおり全粒粉60g(2割)
砂糖15g 塩5g 酵母5g
バター15g スキムミルク10g
水200g+α(うち20gで酵母溶かす)

HBの生地作りコース(こねから2時間)
60g×9個に分割 半ばんじゅうでベンチ20分
丸め直すだけの成型
旧スチームオーブンでホイロ35~40分
ガスオーブン220℃予熱→200℃12分焼成
仕上げになたね油刷毛塗り



キシノウエンの小麦のはなし

by motoarai | 2016-11-02 13:36 | パン
白神こだま酵母レシピのプチパン

c0110869_723489.jpg

初めて娘と一緒に成形したパン。

丸は難しいので、ヒモ状にのばしたのを渡して、
コロコロさせてみた。

長いほうが、丸より食べやすくて美味しい。



今回のメモ
カメリア240g シラネ全粒粉60g(2割)
砂糖10g 塩4g 酵母5g 水200g(うち20gで酵母溶かす)

朝7時に捏ね、蓄暖上とか、旧スチームオーブンとかで、
常に30℃くらいで発酵。
11時には焼き上がる。お手軽。





キシノウエンの小麦のはなし

by motoarai | 2016-01-04 07:09 | パン
かぼちゃミニ食パン / 白花豆の自家製味噌あんぱん

c0110869_2372170.jpg

まだ酵母の準備ができていなくて、
お手軽にドライイーストを使って。

はるBL100%、粗精糖10%、シママース1.7%、イースト0.8%、
牛乳20%、太白胡麻油6%、蒸しかぼちゃ(夢味)30%、水38%


過去のミニ食パンは、こちら
今回の型比容積は2.8

上にメープルシロップを塗って焼いたのだけど、
べたついてダメだ。
これは、クッキーにしか使わない。



c0110869_2373943.jpg
焼き立ては、すごーく良い香りで感激したけど、
翌朝食べてみたら、味が薄い。

イーストで、短時間で作ったからかな。
(一次 2時間+P+1時間半)
それか、ホイロがオーバー気味か。(1時間半)



c0110869_2375295.jpg
みそあんの柏餅が大好きで、
いつか、味噌あんぱんを作りたいと思っていた。

あんは、このときの。
炊きたてはちょうど良い甘さでも、
冷めると甘みが薄れて、しょっぱさが際立つから、
次回、味噌はほんのわずかで。

次は、豆を潰したり漉したりせずに、
花豆の存在感を生かしたあんぱんにしてみよう。




今日の立科町美上下(標高1000mの畑)
くもり のち小雨 夕方一時埃みたいだけど初雪
朝5℃くらいから昼も上がらず、どんどん冷え込む  


by motoarai | 2010-11-15 23:20 | パン
上田城の桜と、信州国際音楽村の水仙

c0110869_23185420.jpg
地域の行事で、お花見へ。

下見に行った方によると、
小諸懐古園はまだ2~3分咲きとのことで、
満開の上田城までドライブ。

出店がずらりで、平日なのに人も多く満車。
雰囲気的には、上野公園。

ただ、桜の下で宴会してる人はほとんどなし。
寒すぎる。



c0110869_23191390.jpg
ここは、すごく良かった。
信州国際音楽村のお花畑。

まさに、黄色いじゅうたん。
鮮やかな芝桜も見事だった。

6月後半からのラベンダーも見に行ってみたい。



c0110869_23193857.jpg
寒すぎるので、いつもの集会所へ戻って宴会。
芸もなく、また前回と同じパンを持って行く。

小さくて、なおかつ年配向けのパンって、
なかなか思いつかなくて。


c0110869_2319522.jpg
今回の白あんは、白花豆ではなく、銀手亡で。
やっぱり、白あんにはこれだ。美味しい。

焼き立ての味見は、甘くて美味しくてハイテンションだったけど、
翌日持って行ったら、甘さ控えめの、単なるヘルシーあんぱんだった。

次から、前日焼くなら和菓子か洋菓子にしようと思う。



今日の立科町美上下(標高1000mの畑)
くもり ときどき小雪
最低-2℃  最高1℃ 


by motoarai | 2010-04-15 23:12 | お出かけ
白花豆あんぱん

c0110869_20282347.jpg

きんとんふうに、粗くつぶした白花豆の甘煮を、
ココアの生地で包んだあんぱん。
前回作って美味しかったので。

仕込み粉量300g 総水分64%
皮30g18個分

酒粕酵母元種30%
純ココアは6%に減らしてちょうど良い
今回は、牛乳のストックなくて、
よつばバター6% 蓼科平飼卵黄6% 粗精糖10%

もっとふんわりなるかと思ったけど、
けっこうもっちり。
一部底割れもあったし、ホイロ足りなかったかな。
(30~35℃ 1時間40分)

小さいから、焼き時間は10分弱でいいのかも。

これも集会に持って行く。



今日の立科町
晴れ
最低-3℃  最高4℃ 



→今日のレディース集会
by motoarai | 2010-02-21 20:41 | パン
かぼちゃ生地でハンバーガーバンズ

c0110869_2373443.jpg

先日のかぼちゃ入りのパン生地
ミニ食2本のほかに、100gのバンズを2個とっていた。

頂き物のイベリコ豚ハンバーグをはさんだランチ。
レタスやトマトがない時期で残念。

食後にインスタントコーヒーを入れたら、
部屋中がマックの香りに一変する。


今日の立科町
くもり 午後は雪
最低-4℃  最高-2℃ 

カナダは1℃だって?
うちより暖かいじゃん。


by motoarai | 2010-02-13 23:16 | パン
白花豆とココアのパン

c0110869_1327364.jpg

先日脱穀した白花豆。
これは出来のいいやつ。来年の種用。

出来の悪いほうは、歯とか骨みたいな色合い。
自分たちは、こちらをせっせと食べている。



c0110869_132823.jpg
きんとんふうに、粗くつぶした白花豆の甘煮を、
ココアの生地で包んだあんぱん。
ヤマザキのチョコまんのイメージで。

イメージどおりの味で、美味しい。
皮30gにあん25gくらいの小さめサイズ。

お茶請けにピッタリだ。今度持っていこう。



c0110869_1328217.jpg
そういえば、ミニ食パンなんてよく作っていた時期もあった。

配合は過去のミニ食とほとんど同じで、
粉の一部をココア8%に置き換えて。
→ちょっと苦いので、次回は6%に減らして。

仕込み粉量450g 総水分68%
280g2本(型比2.8) 30g×2個 52gのロール×4個
ホイロは、加温せずダラダラと3時間くらい。
やっぱり力なく、ほとんど窯伸びなし。
焼減率は6.4%とずっしり。

成型で、花豆くるくる巻き込んだら、水玉模様がかわいい。
もう一本は何も入れなかったけど、
おやつパンなので、潔くチョコでも巻き込めばよかった。


今日の立科町
晴れ
最低-8℃  最高7℃ 


by motoarai | 2010-01-30 13:26 | パン
惣菜パンとバターロール 2 (酒粕酵母)

c0110869_18134322.jpg
前回の惣菜パンとほぼ同じ配合で。
牛乳を切らしていたので、水に代えて。

短いウインナーなので、生地は巻きつけず、
上に乗っけて焼いてみる。

c0110869_182811.jpg
↑長さ方向には膨らまないことを考えて、
思い切ってシュッと長めに成型しないと。



c0110869_18135667.jpg
挽肉のカレー作ったときに、
わずかに残して冷凍しといたものを使う。
(40g×3個分くらいの量)

カレー包んで、焼成前に十字に切って、
スライスチーズ適当にちぎって乗せて。


c0110869_18141016.jpg
同じ生地、7個はバターロール。
コタツ片付けちゃったので、ホイロ温度上げられず、
だらだら低温で長時間。
(26~30℃ 2時間20分くらい) 

ゆるんで、巻き目消えがち。



by motoarai | 2009-03-15 18:30 | パン
惣菜パンとバターロール(酒粕酵母)

c0110869_2112567.jpg

なんで惣菜パン作らないの?と予想外のことを聞かれ、
いや、食べてくれるなら喜んでと、はりきってハムなどを調達。

でも、あとから気づいたのは、
こういうパンは、ふんわりした生地じゃないと美味しくなくて、
つまりそれは、コストとカロリーが跳ね上がるリッチ生地。
だから、いままで作らなかったんだっけ。
成型は好きなのに。


c0110869_2114583.jpg
フランクロール。
50gの生地に対して、
明らかにウインナー短すぎ。


c0110869_21143026.jpg
ハムフラワーの上に、
玉子とマヨネーズ。


c0110869_21144576.jpg
ハムフラワーの上に、
ねぎ味噌コーン。
美味しかったけど、ちょっとしょっぱ。

もっと、うまく惣菜を残らせたときに、
包みモノなんかもやってみたい。
ハムはいらないかも。
ウインナーさえあれば、夫は満足。


c0110869_2115022.jpg
やはり、バターロールは、
しかるべきリッチめの配合だと、
成功率が高い。

ふわっとしてるけど、
ちょっと冷めると引きが強いかも。


→配合メモ…
by motoarai | 2009-03-01 21:09 | パン
酒粕酵母でクロワッサンとおさつデニッシュ

c0110869_22292835.jpg

年に一度か二度のことだし、
この際、バターケチるのはやめようかと。

でも、大地バターをごっそり使う気になれず、
このために、スーパーでよつばを買ってくる。
(有塩でこの量使うと、さすがにしょっぱい)

今回は、本生地にもバターを5%ほど。
生地を冷やし固めて作業したいわけで、
やっぱ、なたね油より固形油脂に頼るべきかと。

ザクザク感は捨てがたいので、
卵は配合せず、三つ折りは2回だけ。

前回ホイロで膨らまなかったのをどうにかしたくて、
今回は、酵母量は思い切って増やし、
水分も少々増やし、
一次でしっかり膨らませてから冷蔵へ。

卵しっかり塗ったからか、
天板も予熱したせいか、
今回は、15分でちゃんと焼き色つく。



c0110869_22514723.jpg
多少重たさはあるけど、
いままでより、はるかにクロワッサンっぽい。

チーズクラッカーみたいな濃厚な味で、
ザクザクおいしい。

次回(来年)は、三つ折り3回にしてみよう。



c0110869_22294487.jpg
冷凍していた栗きんとんの出番。

残った生地を帯状にとって、
解凍したきんとんを挟んで、
5cmくらいにカットしてホイロ。

甘さもちょうどよくて、とてもおいしい。



→配合メモ…
by motoarai | 2009-01-29 22:56 | パン