c0110869_23333374.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、小麦と
お野菜を作っています。
c0110869_13314832.jpg
c0110869_9593410.jpg
c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)

5/22(月)から野菜の
出荷を再開しました!


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(169)
(151)
(121)
(80)
(78)
(76)
(73)
(66)
(61)
(60)
(50)
(36)
(33)
(30)
(25)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
記事ランキング
タグ:白神こだま酵母 ( 25 ) タグの人気記事
ダッチオーブンで楕円カンパーニュ

c0110869_12484013.jpg

このときと同じく、ダッチオーブンで鍋パン。

今回のメモ  
地元産イタリア品種小麦全粒粉 90g
はるゆたかブレンド      210g
水               210g
はちみつ             6g
ゲランド            6g 
白神こだま酵母         3g

240℃14分で蓋外した後は、
220℃に下げて、そのまま最後まで。
トータル33分くらい。


やっぱり、生地の見極めがうまくいくと、
クープもうまく開いてくれて、
そうなると美味しくて、子供の食べ方も違う。

いや、こだま酵母に変えたから美味しいのかも。
しょうゆせんべいのような香りがプンプン。


c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-03-21 12:59 | パン
「春よ恋」で山食

c0110869_1371883.jpg

スーパーで買った「カメリア」を使い切ったので、
ネットで購入した「春よ恋」で食パンを作る。

今日は牛乳の買い置きがあったので、
脱脂粉乳は使わず。

焼いてるあいだ、菓子のような甘い香りが漂う。

そうそう、この粉は香りが甘いんだった。
で、「はるゆたか」は、旨みというか、香ばしさがあるんだったっけ。



c0110869_1375362.jpg

しっとり、やわらか。
牛乳の優しい香り。
トーストは、カメリアほどサクサクしすぎなくてよい。

以前は、バターを入れたパンの香りが好きになれなかったけど、
それは、自家製酵母との相性や、微妙な発酵臭との絡みだったのかも。

普通に、当たり前の酵母を使って、
無理なくスムーズに発酵させれば、
そのままちぎって食べたくなるような、
マイルドな美味しさになるんだなぁと発見。


今回のメモ  粉量360g 
春よ恋    (100%)
きび糖     (5%)
バター     (5%)
牛乳      (35%)
水      (40%+α)
白神こだま酵母 (1.3%)
シママース   (1.7%)

ガスオーブン内で鉄蓋を250℃で20分予熱
窯入れ→霧吹き→放置3分→180℃30分


c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-01-10 11:00 | パン
昨日の山食の断面

c0110869_10485069.jpg

昨日の食パン

しっとりやわらかく甘い香りで、
そのままちぎって食べても美味しかった。

トーストすると、サクサク軽い。


c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-01-03 11:00 | パン
2017初焼き-カメリア山食

c0110869_1932659.jpg

初焼きがうまくいくと、とても気分がいい。

カメリア、こだま酵母でどこにでもありそうな食パン。
でも久々の香りに嬉しくなる。

ここから2週間は、栽培計画、種選びの事務仕事に集中。
「こだわりなし」のパン焼きを並行していこう。

今回のメモ 
カメリア    (100%)
きび糖     (5%)
バター     (5%)
スキムミルク   (3%)
水       (73%)
白神こだま酵母 (1.3%)
シママース   (1.7%)

 
c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-01-02 19:41 | パン
ふつうの生地で丸パンを作る

c0110869_13314883.jpg

この秋初のパン作り。

農作業が落ち着いても、
今年は料理のほうに時間を割いていたから。

朝9時に思い立って、HB生地作りコースで捏ねから2時間。
そのあとの工程もスムーズで、お昼には焼き上がるお気楽パン。

酵母の香りが強めだけど、
ふんわり食べやすい。

今回のメモ
カメリア240g
キシノウエン産ゆめかおり全粒粉60g(2割)
砂糖15g 塩5g 酵母5g
バター15g スキムミルク10g
水200g+α(うち20gで酵母溶かす)

HBの生地作りコース(こねから2時間)
60g×9個に分割 半ばんじゅうでベンチ20分
丸め直すだけの成型
旧スチームオーブンでホイロ35~40分
ガスオーブン220℃予熱→200℃12分焼成
仕上げになたね油刷毛塗り



キシノウエンの小麦のはなし

by motoarai | 2016-11-02 13:36 | パン
自家製粉全粒粉とカメリア半々でカンパーニュ

c0110869_13174267.jpg

春よ恋の前に、余っていたカメリアを消費。

半分を白い強力粉に変えるだけで、
びっくりするような生地の伸び。

庫内でも勢い良く膨らんで、軽過ぎる焼き上がり。
気泡もボコボコで、ホットサンドにするにはちょっと向かない。

でも良い香りはプンプン。旨味も十分。

メモ
自家製粉全粒粉150g
カメリア150g
水200g
白神こだま酵母2g 
シママース5.5g
焼成は→たらい被せ方式



野菜セット 定期宅配はこちら
c0110869_197914.jpg


by motoarai | 2016-03-28 13:23 | パン
いつものカンパーニュ(蒸気なし)

c0110869_12244214.jpg

このときと同じカンパーニュ。

で、予熱した玉砂利に水は注がず、
蒸気まったくなしで焼いてみても、いつもと変わらぬ顔。

結局、クープ開かせるためには、
蒸気は必須ではないってことね。




c0110869_12245057.jpg

むしろ、下火の温度を下げずに焼けて良いような。

でも、スライスするときに、
少しパサついているような気もする。



野菜セット 定期宅配はこちら
c0110869_197914.jpg


by motoarai | 2016-03-16 11:00 | パン
いつものカンパーニュ

c0110869_6455342.jpg

このときと同じカンパーニュ。

砂利に水を注ぐはずが、
うっかり敷き紙と生地底面にに水がかかってしまい、
思いっきり下火が弱くなってしまったような。

底面が持ち上がらず、
草履のような平たいパン。

それでもクープが開くってことは、
被せているたらいの効果なのか。

次は蒸気なしでどうなるのか、試してみたい。



キシノウエンの小麦のはなし

by motoarai | 2016-03-07 11:00 | パン
いただきもの小麦でカンパーニュ

c0110869_1647108.jpg

収穫の機械をお貸ししたらいただいた、
となり町産の玄麦を挽いてカンパーニュ。

うちの「ゆめかおり」とは違って、
皮がぱりっと薄く、ヨーロピアンな香り。
耐寒性がないのが、本当に残念。

最近、4歳娘の朝食は「かたいパンにバターつけて」と指定してくる。
だから、カンパーニュさえ焼ければいいと。
すっかり食パンを焼かなくなってしまった。
ななめそぎ切りにすれば、ホットサンドメーカーにも入るし。

メモ
自家製粉全粒粉300g
水200g
白神こだま酵母2g 
シママース5.5g
焼成は→たらい被せ方式




野菜セット 定期宅配はこちら
c0110869_197914.jpg




by motoarai | 2016-02-29 11:00
キシノウエン産ゆめかおり全粒粉50% 角食

c0110869_632846.jpg

昨年はわずかにしか収穫できなかった「ゆめかおり」。
大事に使ってパンを焼く。

園から戻ってきて9時に捏ね始め。
16時には焼き上げたいと逆算すると、
10時から3時間15分が一次発酵。

酵母は1%に減らして、26℃くらいを保つ計算でピッタリ。
タイマーに何度も呼ばれながら、事務仕事と併行。

今回のメモ 
キシノウエン産ゆめかおり全粒粉 (50%)
カメリア               (50%)
てんさい糖              (6%)
バター                (6%)
牛乳                 (20%)
水                  (52%)
白神こだま酵母            (1%) 


全粒粉でざっくり食感なので、山食のほうが似合う。
型が小さめなので、山でもホットサンドメーカーに入るかも。




c0110869_6321566.jpg

あえて粉400gで仕込んで、
40g4個分くらいの生地が余るので、遊ぶ。

今回はバターと中ザラ糖を巻き込んで、
切ってぐるっと結んで、このマフィン型に入れて焼く。
かなり使える。次こそ、シナモンロールにしてみたい。



キシノウエンの小麦のはなし

by motoarai | 2016-01-07 06:31 | パン