S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
_c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

_c0110869_12542950.jpg
_c0110869_13314832.jpg
_c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)

ただいま冬休み中です。
5月末から再開予定。


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(182)
(172)
(154)
(92)
(81)
(80)
(73)
(69)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...
記事ランキング
元種40%で山食

元種40%で山食_c0110869_1116247.jpg

中種法じゃないときの風味って、どんなんだっけ?と。
(そもそもこれって、20%中種法とどう違うのか)

あまりの伸びなさにがっかり。
いや、自分にとっては、これが普通だったんだ。

成形は、くるくる俵型で、ゆる~く巻いてみる。
(でもそれは、中種法で気をつけるべきことだった)

ホイロの上がりが遅く、
2時間20分待っても型下5ミリくらい。
(型比はいつもと同じ3.3くらい)
まだハリがあったので、さらに20分待ってみたが、変わらず。
待たずに窯入れしてたら、もうちょっと勢いあったかなぁ。

内相はややポツポツだけど、
きれいに伸びてる部分もあり、許容範囲。
底は、部分的に詰まっていたり、いなかったり。

焼減率は9.4%
焼き上がりは、バナナのような甘い香り。
特別美味しいというわけでもないけど、
粉の味は、ちゃんとある。





配合、行程は、このときとほぼ同じ。

違うのは、コールドスタートではなく、
普通に230℃から焼いたこと。

ホイロの感じが明らかにちがうので、
今回は、酵母が弱かったんだろう。

酵母の強弱にムラはつきものなので、
それをカバーするためにも、中種法を身につけたい。


次回、
・50%中種法にしてみる
・本捏ねに発酵種加えてみる
・粉に石臼挽きさぬきか、クーヘン加えてみる
・湯種法でのボリュームも確認してみる



by motoarai | 2008-12-17 11:26 | パン
<< カシミアのマフラーを、自分で洗... ■我が家のパスタマシン >>