S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
_c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

_c0110869_12542950.jpg
_c0110869_13314832.jpg
_c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)

ただいま冬休み中です。
5月末から再開予定。


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(182)
(169)
(153)
(90)
(81)
(80)
(73)
(69)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...
記事ランキング
クリスマスケーキ2008

クリスマスケーキ2008_c0110869_7315652.jpg

月にいちどのお楽しみ、手作りケーキ。
今月は、もちろんクリスマスケーキ。

せっかくモンブラン口金を持ってるのに、
秋しか使わないのはもったいないと思って。

今年で4回目のクリスマスケーキ。
(→2005 →2006 →2007

毎年進歩してるのが分かるけど、
上に乗ってるものは、毎回同じ。
そろそろ違う飾りを新調してもいいんじゃないか。



クリスマスケーキ2008_c0110869_7321253.jpg
2008年、最大の発見。
「産みたての卵は、すごい」

大地宅配で平飼卵が届くのを待ち構えていて、
受け取るやいなや作り始めた。

そしたらもう、卵白の泡立ちが全然違う。
角が立つまでに時間はかかるんだけど、
「生クリーム泡立ててるんだっけ?」と思えるような、
なめらかでクリーミーな泡。

いつもは、期限ギリギリだったり冷凍卵白だったり、
そんなときは、泡立ち早いけど、洗剤のような軽い泡だった。
誰かの本で読んだけど、こんなに違うとは。

逆に、卵黄は、新しいとすぐに泡立ち、
古いと時間がかかる気がする。


クリーミーなメレンゲだと、
いつものヘタクソな混ぜ方でも泡が消えず、
ばほーっと膨らむ。





配合は、8月3日のと同じ義母レシピ。
卵別立てで、卵黄卵白は同じ個数。
砂糖がたっぷり、油少々。

粉は、クーヘンでなく、北もみじ。
もっちりしっかりしていたクーヘンに比べて、
こちらのほうが、多少ふんわり軽いような。

でも泡立てからして全然違うので、なんともいえない。



クリスマスケーキ2008_c0110869_8453981.jpg
ちょうどいい、カットガイドをみつけた。
昔作った、木っ端の鍋敷き。



クリスマスケーキ2008_c0110869_8455128.jpg
ふわんふわんだけど、弾力があって、
まさしくスポンジ状。
しっとりさはない。

生地が落ち着いてない初日は、
柔らかいクリームとのなじみが悪く、食べにくい。
すでに、これだけで恐ろしく甘いので、
シロップ打つのには抵抗がある。
生地の配合に、牛乳少しずつ、プラスしていきたい。


翌日は、クリームも固まり、しっとりなじんで、とても美味しい。
3日目でもベチョベチョしないから、逆にこれで良いのかも。
このままの配合で、ロールケーキもやってみたい。


今回、生クリーム300gに洗双糖8%
スポンジが大きく膨らんだので、300gでもギリギリ。

大地の生クリーム47を200g+タカナシ35を100g
やっぱり47はくどくて胃にくる。
でもゆるすぎず、扱いやすい。

イチゴは598円。
25日には398円に下がっていた!

by motoarai | 2008-12-24 07:29 | おやつ
<< ■酒粕酵母でざっくりスコーン(... ローストチキン2008 >>