S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
向かいの畑の枝払い / 蓼科山

向かいの畑の枝払い / 蓼科山_c0110869_23531675.jpg

今年から拡張する予定の、
道路向かいの畑。

部分的に水が溜まるところがあるので、
まずは、溝を掘る土木工事から始めないと。

今日は、畑にせり出している木の枝を、
夫がチェーンソーで払ってくれた。




向かいの畑の枝払い / 蓼科山_c0110869_23532794.jpg
よーく乾かせば、
シイタケのホダ木になるかしら。




向かいの畑の枝払い / 蓼科山_c0110869_2353371.jpg
見上げると、お豆さんがぶら下がってる。
藤の豆鞘?

ツルなら、わんさかある。
ツル細工でカゴでも編めばいいんだよね。
そんな優雅な冬が、いつかやってくるかなぁ。




向かいの畑の枝払い / 蓼科山_c0110869_2353477.jpg
いま使ってる畑からは頭しか見えないけど、
こちらの畑からは、蓼科山がよく見える。

女の人が横に寝そべっているようにも見えるから、
別名、女ノ神山(めのかみやま)とも聞いたことがある。




今日の立科町美上下(標高1000mの畑)
晴れ 翌朝雪とは思えないほどの星空
最低-9℃  最高10℃ 






向かいの畑の枝払い / 蓼科山_c0110869_2352769.jpg
実は、昨年9月に登っていた蓼科山。

山頂間近の傾斜がものすごくきつい。
岩に這いつくばって登る。



向かいの畑の枝払い / 蓼科山_c0110869_23521734.jpg
振り返ると、足がすくむような…、
でも素晴らしい眺め。

20代の頃登った富士山より過酷に思える。
年のせいかな。

また登りたいとは思わないけど、
若い頃なら、友達呼んで登ってただろうな。
珍しい山。



向かいの畑の枝払い / 蓼科山_c0110869_2352286.jpg
頂上はこんな。
一面岩だらけ。
地球じゃないみたい。



向かいの畑の枝払い / 蓼科山_c0110869_23523944.jpg
ああ、でも、こんな写真見たら、
また山登りしたくなってくる。

浅間山なら、もっとのんびり歩けるのかな。



向かいの畑の枝払い / 蓼科山_c0110869_23524874.jpg
この日は、夕方まで30℃近くある異常な暑さで、
標高2530mの山頂も、
期待してたほど涼しくなかったのだった。



by motoarai | 2011-03-06 22:37 | お出かけ
<< 男爵とそば粉のニョッキ 春キャ... スナップエンドウ、発芽までもう... >>