S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

2019年12月14日(土)着が
今シーズンの最終発送です。

c0110869_12542950.jpg
c0110869_13314832.jpg
c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(180)
(165)
(153)
(89)
(81)
(80)
(73)
(68)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
more...
記事ランキング
卵黄1個 バター練り混ぜ式スコーン

c0110869_10482999.jpg

このときのショートブレッド以降、
ここ最近のクッキーやビスケットの類は、
冷たいバターを切り込むのではなく、
常温バターを練り込む混ぜ方で焼いている。

ふと、スコーンの本 を図書館で手にとって、
スコーンもバター練り込む生地作りでいいのか!と気づく。

そういえば、パン屋でパートで働いていたときも、
スコーン生地はこんな感じだったっけ。
型で抜く前に、軽くこねていたっけ。

「サクサクと粉っぽい焼き菓子が好きだから」と思い込んで、
冷たいバターをカードやフープロで切り込んでいたけど、
実際やってみると、常温バター練り混ぜ式のほうが、
混ぜムラなくサックリで、ボソボソせず好み。

今回は、「ビスケット方式」を参考に卵黄を使ってみたけど、
ヨーグルトスコーンの配合で練り混ぜも試してみたい。

今回のメモ
キシノウエン産ゆめかおり全粒粉50g
国産薄力粉100g B.P.小さじ1.5
常温バター25g てんさい糖20g なたね油20g
牛乳45g+卵黄1個分(←刷毛塗り用に少し残す)
200℃15分→位置変えて150℃10分で乾燥焼き


・フープロ使わないなら、粉200gでも仕込める
・天板も先に予熱して焼いてみたい
・てんさい糖はやはり溶け残って☓。ミルで粉にしてみる?(→追記



キシノウエンの小麦のはなし

by motoarai | 2016-02-17 11:19 | おやつ
<< 今季の仕事始め。ハウスのうね立... 卵白泡立てパンケーキ・4 >>