S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
_c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

_c0110869_12542950.jpg
_c0110869_13314832.jpg
_c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)

ただいま冬休み中です。
5月末から再開予定。


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(182)
(172)
(154)
(92)
(81)
(80)
(73)
(69)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...
記事ランキング
味噌作り2016

味噌作り2016 _c0110869_6505128.jpg

立科町の加工施設で作るのは、今年で5回目。
今回で卒業になるかな?
来年からは、自宅で仕込みたい。

基本的には、自家製木桶味噌仕込み2015と同じ工程。
2015年産の大豆が不作だったので、
7割くらいの量でしか仕込めなくて寂しい。

(長いので、下に続く↓)

今年の味噌の材料
・米     10kg少々(長野県産コシヒカリ)
・大豆    9.4kg(キシノウエン2015年産
・塩     4.5kg(シママース)     
・種こうじ  2袋(←1袋でよかったかも)






味噌作り2016 _c0110869_6522279.jpg
3/8 前日午後からお米を洗って浸水。




味噌作り2016 _c0110869_6523731.jpg
3/9 午後からお米を蒸す。
蒸している間に、大豆を洗って浸水。
蒸したお米を人肌に冷まして、こうじ菌をまぶす。




味噌作り2016 _c0110869_6525019.jpg
発酵器にセットして帰る。
(蓋の上から毛布をかぶして)




味噌作り2016 _c0110869_6525775.jpg
3/10 1回めの切り返し。
温度が下がらないよう、
袋の中でかたまりをよくほぐす。

今年は思うところあって、
4年前まで使っていた緑色の種こうじに戻してみた。




味噌作り2016 _c0110869_6532371.jpg
アクをとりながら大豆を煮ていく。
3時間程度。




味噌作り2016 _c0110869_6533520.jpg
今年も雪景色の中で味噌作り。

水分が少なくなるまで煮た大豆は、
翌朝までそのまま蒸らす。



 
味噌作り2016 _c0110869_6584692.jpg
3/11 大豆を一気に潰してボウルにとっておく。

煮汁を吸わせるはずが、中途半端に残り、結局ゆるくなる。
やっぱり、さし水しながらサラリと煮たほうがよかったかな?




味噌作り2016 _c0110869_6535760.jpg
発酵器から麹を出す。
底面はうっすら緑色になってしまったけど、
全体にびっしり白い花が咲き、よくできた。




味噌作り2016 _c0110869_6541332.jpg
シママースをまんべんなく混ぜ、塩きり。

その上へ、潰していた大豆を乗せ、
よく混ぜて味噌玉を作る。




味噌作り2016 _c0110869_6542887.jpg
今年は、まずはプラ樽に投げ入れて持ち帰ることに。


 

味噌作り2016 _c0110869_6544457.jpg
全部入れたら、上から塩をふり、焼酎をスプレー、ラップをぴったり。
袋の口を輪ゴムで縛り、押し蓋の上に重石。




味噌作り2016 _c0110869_743548.jpg
梅雨頃になったら、天地返しを兼ねて、
こちらのいつもの木桶に移し替える予定(→7/18)。

夏は涼しくしすぎないようにすれば、
11月には美味しいお味噌になっているかな?

 

         
←野菜セット 定期宅配はこちら味噌作り2016 _c0110869_197914.jpg

by motoarai | 2016-03-11 11:00
<< ココアマフィン②(菜種油とバタ... ミニパウンド型でベイクドチーズ... >>