S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
■ どこにでもある普通の配合のプレーンスコーン(冷たいバター)
■ どこにでもある普通の配合のプレーンスコーン(冷たいバター)_c0110869_12315966.jpg
粉100に対して、
無塩バター25~30、砂糖10~15、B.P.1.5~2、塩0.75、
液体(牛乳、ヨーグルト、卵、水、レモン汁など)55~60。

今回はきび糖使ったので、ベージュ色のスコーン。

粉は半分くらい強力粉にしてみたり、
牛乳もなんにもない時は、水+バターミルクパウダーにしたり。

バターは、冷たくても、常温でも、溶かしでも、
生地を冷蔵庫で休ませてから型抜きすれば、だいたい割れる。

予熱した天板に、シートごと滑り込ませて焼く(下火重視)。

いつも多めに生地作って、型抜きまでして冷凍してるんだけど、
艶出しの卵塗ってから冷凍でもOKだった。今更の発見。
上に塗るのは、牛乳+蜂蜜でもOK。



■ どこにでもある普通の配合のプレーンスコーン(冷たいバター)_c0110869_12320909.jpg
ここ3~4年、2月はいつも「大片付け」を楽しんでいる。

今年は、子供の教科書から始まって、
10年くらいため込んでしまった取説など、
紙物をごっそり整理・処分して新たな収納風景。新鮮。

何かに使いたいと温存していたイイダ傘店の過去のカレンダーは、
本のしおりに使うことを思いついてルンルン。

いつも図書館のレシートみたいな紙を挟んでたから、
しおりがあるといいなって、思ってはすぐに忘れていたのです。

子供が成長すれば、家族の動線も、物の使用頻度も変わる。

これまで遠くから取り出していたハンドミキサーを
先日、キッチンの良いポジションに格上げ収納しました。
これからは、しょっちゅうケーキを作れるかも、と気づいた冬。

・・・・・

今日は雨水で大安。
仕事始めに、ハウスの耕起、玉ねぎマルチの直しなど。
もう土はゆるんでいるけど、また明後日からは雪マークで真冬の気温…

■ どこにでもある普通の配合のプレーンスコーン(冷たいバター)_c0110869_13501823.jpg

by motoarai | 2024-02-19 13:12 | おやつ
<< スノーボールクッキーと雪。 湯種でカンパーニュ >>