S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
_c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

_c0110869_12542950.jpg
_c0110869_13314832.jpg
_c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)

ただいま冬休み中です。
5月末から再開予定。


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(182)
(169)
(153)
(90)
(81)
(80)
(73)
(69)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...
記事ランキング
小豆の煮汁とチョコ入りベーグル

小豆の煮汁とチョコ入りベーグル_c0110869_2245197.jpg

またまた苦めの生チョコを作ってしまったので、
例によって、パンに入れて消費。
7ヶ月ぶりのベーグルで。
酵母おこしにでも使おうかととっておいた、
小豆の煮汁も一緒に入れてしまう。

前回作ってみて、
自分にはベーグルのセンスがない、
と遠ざかっていただけに、
オーブンのなかでツヤップリンに膨れくるのを見て、小躍り。

発酵しすぎにさえ注意すれば、なんとか扱えるもんだ。
しかも、午後からの出勤の前にも、気軽に、確実に焼けるし。
そして、リーンな生地なので、
多めに仕込んで翌日のカンパーニュ用に、古生地も確保できる。


外がぱりっと、中は粉の甘みがみしっと詰まっているかんじ。
噛めば噛むほど美味しい。
でもたぶん、チョコやベリーの入ったのより、
ナッツ類が控えめにプチプチ香ばしいベーグルが好み。





総粉量450g 総水分52% 75gの生地×8個+50gの古生地×2個=700g
  酒粕酵母元種   (30%)
  はるゆたかBL  (35%) 
  タイプER     (50%)
  洗双糖       (4%)
  伯方の塩     (2%)
  小豆の煮汁   (14%)
  水         (23%) 

捏ね:10分(HBフランスパンコース)
一次発酵:室温20~16℃ 9H(2.5倍程度で切り上げ)
分割:75g×8個と、残り50g2個(→古生地としタッパーで冷蔵保存)
ベンチ40分しっかり。
成型:全部15cmの棒状にし、めん棒で20cmにのばし、チョコ巻き込む。
ホイロ:個別にカットしたオーブンシートにのせ、35℃50分(1.3倍)
蜂蜜入りの湯で、30秒ずつゆでる
焼成:230℃予熱→220℃16分(中段)

次回
・とじ目が開きやすい。水分を多くしてみる+一次発酵長めにしてみる。
・ベンチタイムは長すぎるとガス発生の原因になるらしい。5分程度?
・ホイロはもう少し早く出してもよさそう。
・焼成、230℃でよさそう。
 e-ぱん工房では20分焼いている。


by motoarai | 2007-03-24 23:29 | パン
<< カンパーニュ(グラハム20%) 酒粕で、べったら漬けを仕込む。 >>