S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
_c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

_c0110869_12542950.jpg
_c0110869_13314832.jpg
_c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)


2020年の定期宅配は
5月末から再開予定です


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(182)
(173)
(158)
(92)
(81)
(80)
(73)
(69)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
more...
記事ランキング
玄米ベーグルと玄米シナモンロール

玄米ベーグルと玄米シナモンロール_c0110869_17364779.jpg

玄米ごはんを入れてみた。
まずは対粉20%から試してみる。
食べた感じ、もうちょっと存在感があってもいいかも。
ゴマ油の香りが強すぎたのが残念。

同じ生地でシナモンロールも。
塗りバターなしの、ギトギトしないタイプ。
予定個数に対し、巻くのが細長すぎてしまう。
よって、やむなく2個くっつけるカタチに。

洗双糖が落ちてカラメル状になった底の部分、
パリパリしていてたまらなく美味しい。


玄米ベーグルと玄米シナモンロール_c0110869_1737266.jpg

ベンチタイム中に、即席のセルクルを作る。
牛乳パックと使い古しのオーブンシートで。
ホチキスの芯は、必ず頭が内側に来るようにすること。

カタチが自由自在に動かせるので、
上のような失敗にも臨機応変に対応できる。






総粉量400g 総水分52%(+ごはんの水分) 75g×6個+50g×5個=700g
  酒粕酵母元種   (30%)
  はるゆたかBL  (85%) 
  洗双糖       (2%)
  海の精       (1.8%)
  今井のごま油   (4%)
  水          (35%)
  無農薬玄米ごはん(20%) 

捏ね:低速4分高速3分→常温10分放置(生地温度上げるため)→低4高4
一次発酵:室温26℃4H (2倍弱)
分割:75g×6個 残り250gくらいはシート状に
ベンチ:きつく丸めないで、15分程度
     250gは、バットにビニール広げて包み、冷蔵庫40分
成型:めん棒で長手15cmにのばし、くるくる巻いて、とじ目は水ハケ塗り。
   (→e-パン工房参照)
ホイロ:個別にカットしたオーブンシートにのせ、32℃45分 1.2倍程度
ケトリング:砂糖水で30秒ずつゆでる
焼成:予熱230℃  230℃16分(下段)


シナモンロールのほうは、洗双糖とシナモンをたっぷり振って、くるくる巻いてカット。
ホイロ33℃ 1H 
焼成230℃15分(ラスト3分くらいはセルクルはずすとよさそう)

次回
・油脂入れるなら、なたね油で。捏ね最初から
・焼き色つかないので、やっぱ砂糖は3~4%
・玄米ごはん25%に増やしてみる

by motoarai | 2007-07-08 17:47 | パン
<< 完熟バナナのクラフティ 部屋着用ゴムスカート完成。 >>