S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
_c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

_c0110869_12542950.jpg
_c0110869_13314832.jpg
_c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(182)
(179)
(158)
(94)
(81)
(80)
(73)
(69)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
more...
記事ランキング
みのりの丘でブールとフィセル

みのりの丘でブールとフィセル_c0110869_13165044.jpg

みのりの丘がどんな食感なのか知りたくて、
シンプルな白生地で。

(白生地参考)
南部小麦のとき
タイプERのとき

よく捏ねてみたら、南部のときとそっくり。
ブリブリ張りがあって、調子が狂う。
総水分63%で固め。次回64%で。

タイプERほどゆるむ要素がないので、
そこまで捏ねなくてもいのかも。


みのりの丘でブールとフィセル_c0110869_1317549.jpg
余り生地は、フィセルの練習。
オーブンの位置による差が如実に現れている。
蒸気口付近、かつ、熱風が当たらないところがよく開く。

風味は、思ったより香ばしくて好きな感じ。
皮はザクザク歯切れよく、中身は少しもっちり。



みのりの丘でブールとフィセル_c0110869_13171877.jpg
一次発酵は、スチ箱加温オーバーナイト。
遅いホシノに慣れてたせいか、
久々の酒粕酵母では過発酵。
33~23℃ 6.5時間で5倍くらい(沈む寸前)
酒粕元種、やっぱ20%でいいかも。

でもさほど酸味もなく、焼き色もなんとか付いた。

by motoarai | 2007-12-06 13:30 | パン
<< ハニーグラハムクラッカー(プルーン) ■天然酵母パンケーキ(酒粕酵母) >>