S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
_c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

_c0110869_12542950.jpg
_c0110869_13314832.jpg
_c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)

ただいま冬休み中です。
5月末から再開予定。


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(182)
(172)
(154)
(92)
(81)
(80)
(73)
(69)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...
記事ランキング
バタール2本(いつもと変わらず)

バタール2本(いつもと変わらず)_c0110869_13144671.jpg

配合、行程は、このときとほぼ同じ。
はるゆたか2は、25%くらい(使いきり)。
今回は、新鮮な(?)元種。
一次発酵:20℃7.5H パンチ+28℃1.5H 計9H

いままで、ホイロ温度が思ってたよりかなり高かったみたいで。
オーブンのスチーム発酵機能、
3分くらいON、あとはずっとストップしてても28℃とか。
冬と同じ感覚じゃいけない。

で、ホイロ30~25℃を保って、1H15分。
若めでも、まだ少し布にくっつく。
少し乾燥してるようなので、
もういちど、濡れ手ぬぐい使って試してみたい。



バタール2本(いつもと変わらず)_c0110869_13145512.jpg
なんか、そら豆みたい。
クープがひっついて開かないとこが。

次回、小石蒸気を先にやって、
少し待ってから窯入れしてみる。



バタール2本(いつもと変わらず)_c0110869_131566.jpg
例によって、余熱で酒粕クラッカーを焼く。
今日は、のりしお味。

何度か試してみて、
ようやく、まんべんなくカリッと焼けるようになった。
(→行程、若干追記あり)



by motoarai | 2008-04-29 13:33 | パン
<< 酒粕酵母でざっくりスコーン(チ... 牛乳・豆乳各10%入りワンロー... >>