S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
c0110869_23333374.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、小麦と
お野菜を作っています。
c0110869_13314832.jpg
c0110869_9593410.jpg
c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)

2019年は、5月末頃
から再開予定です

カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(176)
(151)
(142)
(85)
(80)
(76)
(73)
(66)
(65)
(61)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
記事ランキング
太っちょバタール(青サフ)
 
c0110869_21481225.jpg

前回のバタールの反省点をふまえて、
今回気をつけたこと。


①ミキシング、時間長くなってもいいから、弱めで。
 (速度レベル1より上げない、中速7分)

②一次発酵、控えめに
 (指で軽く押して、じわじわ戻りそうなかんじで跡は残る)

③ベンチタイム短く
 (ぐっと成型しやすくなった)


①②③すべて関わると思うけど、
ホイロの布へのくっつきが、いつもよりはマシ。

表面乾かしても、まだクープ入れづらいのは、
たぶん、ホイロ温度低めで長いから。 か?



c0110869_21491455.jpg
ひなあられみたいな甘み。
最近のバタールの中では、いちばん美味しい。

でも、自家製酵母で作った白生地のカンパーニュのような
ぶわっと広がる粉の旨みはない。
熟成時間の問題か。
 





c0110869_22193942.jpg

総粉量300g 総水分70% 約250g生地2本 
  青サフ           (0.5%)+水(1.5%)・洗双糖少々
  はるゆたか2       (50%)
  みのりの丘        (30%)
  ネージュ          (20%)
  シママース        (2.2%)
  水             (68.5%)
  今回発酵種やエキスは使わず

捏ね:デロンギクラシックシェフ
   低速2分→放置30分→イースト・塩↓低速2分中速7分
   (フック持ち上げると、ボールからベロッとはがれるくらい)
 
   捏上温度25℃ (←次回、AL中もう少し冷やす)
一次発酵:23.5℃ 90分(P)60分 計2.5H 
分割:250g生地2本
ベンチ:20分(パンマットにはさんで 23.5℃) 
成型:㊤三つ折り→2回折り
    ㊦三つ折り→90°回転して三つ折り→さらに真ん中で1回折り
ホイロ:ばんじゅうの中でベニア板しいて布取り 29~27℃強 50分
    まだ布に少しくっつく
焼成:いつものかんじ 小石蒸気なし 少し霧吹き 最初の3分スチーム機能 
  240℃10分+230℃14分 計24分
  予熱は250℃だったけど、300℃のときと出来は変わらない


by motoarai | 2008-05-29 22:04 | パン
<< 生クリームミニ食パン(青サフ) ミントの繁殖、その他いろいろ >>