_c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

_c0110869_12542950.jpg
_c0110869_13314832.jpg
_c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(182)
(179)
(158)
(94)
(81)
(80)
(73)
(69)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
more...
記事ランキング
2009年 02月 18日 ( 1 )
奥多摩産 山葵(わさび)

奥多摩産 山葵(わさび)_c0110869_20261479.jpg

「山葵など特に、あのチューブのもの
(ホースラディッシュ=西洋ワサビをベースに
緑色の着色料やら辛み成分など加えて作ってある。
だから、少しでも本物が入っていたら、本ワサビ入りと差別化をしている。偉そうに)と、
本物とは別世界であるとは、説明無用だろう。
とはいえ、家で使うなんて、あまりにも贅沢とは思われないだろうか。
実は我が家もそうだった。

ところが、実際、仕込んできてみたら・・・・・。

葉っぱは天ぷらにして美味であった。葉の残りは佃煮にした。
茎の部分は塩で揉み、三杯酢に漬けたり、ダシ醤油で漬けたりした。
根茎に近い部分の茎は小さく刻んで、擦りきれない端っこの山葵共々酒粕に漬け、
いわゆるわさび漬けにした。

根茎の部分、つまり、いわゆる山葵は水気を除いて、
パックにでも入れて冷蔵庫の野菜室にいれておけば、一か月くらいは保つ。
(中略)
こんな具合に酒の肴からご飯の供まで楽しんだ。
高いもなにもあったものではない。」


以上、この本から引用 ↓

日本の「伝統」食―本物の食材に出合う旅
// 森枝卓士 著






ちょうど、今朝読んだ本の冒頭に、
こんなことが書かれていたので、
ファーマーズセンターで見かけたら、
買わずにはいられなかった。

観光地で見るものより、ずっと安かったし。

かろうじて、茎が少々ついてるので、上記をマネしてみて、
山葵部分は、生姜と同じく、丸ごと冷凍して使おうかな。
最近、昼に蕎麦をよく食べるから、ちょっと楽しみ。



by motoarai | 2009-02-18 20:25