_c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

_c0110869_12542950.jpg
_c0110869_13314832.jpg
_c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)

ただいま冬休み中です。
5月末から再開予定。


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(182)
(172)
(154)
(92)
(81)
(80)
(73)
(69)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...
記事ランキング
2016年 02月 26日 ( 1 )
キシノウエン産シラネ全粒粉100% ヨーグルトスコーン

キシノウエン産シラネ全粒粉100% ヨーグルトスコーン_c0110869_12401316.jpg

クッキーの時、てんさい糖やきび糖の溶け残りが気になったので、
和三盆でスコーン生地も作ってみる。

メモ
キシノウエン産シラネ全粒粉150g
B.P.小さじ1強
常温バター20g 和三盆20g なたね油30g
牛乳30g+ヨーグルト30g(←少し残して指で塗る)
200℃15分→位置変えて150℃10分で乾燥焼き


天板に並べるとき、できるだけ生地を寄せて並べると、
側面が乾かなくて良いのかも。

ふんわり膨らむタイプではない、どっしりザクザクのスコーン。
48ミリの小さめの型で抜いて正解。
かつてよく食べていたコナノコスコーンみたい。

3日め以降から、モフっとした感じもなくなり、
甘さも粉の香りも強くなり、美味しく感じる。

プレーンスコーンが食べたいなら、
卵黄1個使った白い粉のスコーンがいいけど、
これはこれで、チョコチップやナッツにすごく合う生地。

今回は、カラメルピスタチオを加えた。
大学芋にアーモンドを入れるレシピがおしゃれだなと思い、
真似をしてピスタチオを入れてみたら、食べにくくて残念だったので。



キシノウエンの小麦のはなし

by motoarai | 2016-02-26 12:52 | おやつ