S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
c0110869_23333374.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、小麦と
お野菜を作っています。
c0110869_13314832.jpg
c0110869_9593410.jpg
c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)

2019年は、5月末頃
から再開予定です

カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(179)
(152)
(146)
(87)
(80)
(79)
(73)
(67)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...
記事ランキング
カテゴリ:モノ( 92 )
軍手の汚れどきが、換気扇の掃除どき。
c0110869_06174762.jpg
 
パートでパン屋の窯を手伝ったときに、
こんなに便利なものなのかと、はじめて知った。

それ以来、我が家でもオーブンミトンは軍手2枚重ね。
綿100%の軍手の束をカインズで購入。

パン屋では1日で真っ黒になって、
うず高く積まれた鉄板拭きにまわるけど、
家では2~3ヶ月くらい使って、
うすら汚れが気になってくる。

ちょうどそのタイミングで、潔く換気扇掃除へ。
軍手をはめた手で部品を外し、
ネジやシロッコファンは食洗機へイン。

大きな部品はセスキ水をスプレーて、
軍手を左右付け替えながら拭き上げる。

以前は油の塊を重曹振りかけて軍手の指でボロボロ落としてたけど、
この頻度ならそこまで汚れが溜まってない。
軍手をくるっとひっくり返した面で仕上げ拭きしたら、ポイ。


c0110869_13501823.jpg

by motoarai | 2019-03-09 06:20 | モノ
切り倒した木で、庭に丸太階段を作る
c0110869_16371311.jpg

もう先がない庭木を自力で切り倒す。
剪定鋸が良く切れて楽しい。

しかし農作業では使わない上腕三頭筋。
明日は確実に筋肉痛…。




c0110869_16372634.jpg

さらに刻んで、念願だった丸太階段に変えてみた。
夏には草に埋もれてしまうだろうけど、いいの。
春と秋さえ楽しめれば。


↓ サムライ一番


c0110869_13501823.jpg

by motoarai | 2018-11-04 16:53 | モノ
ショコラボックスと手芸箱
c0110869_12393907.jpg

そういえば、今日はバレンタインデー。

我が家では、チョコは買った日に開けてしまうのが常なので、
とくにこの日に開催するイベントもなく。

バレンタインはもうとっくに終わったと思っている6歳女子。。
1月半ばから、華やかなチョコを食べていたからね。

なかでもコンフィチュール専門店のショコラは、
宝石を食べているかのようで幸せだった。

その素敵な空き箱には、ボビンをしまうことに。

手芸引き出しを整理していたら、
昭和パッケージの針がたくさん出てきた。
もう一生針買わなくて済みそう。

c0110869_13501823.jpg

by motoarai | 2018-02-14 12:52 | モノ
サヨナラ、ケータイ

c0110869_16304747.jpg

2010年5月に、0円で買ったケータイ。
よくここまで粘ったなぁ。

その後、引っ越すたびに自宅で電波が入らなくなり、
ほとんど使っていなかったのだった。

でも、外出先では別行動が多いので、
ケータイを持たないわけにもいかず…。

貧乏くじでPTA会長に決まったのをきっかけに、
自宅でも入る回線を借りている格安スマホに変えてみた。

デジカメも含めて、何度か液晶を割ったことがあるので、
次は、迷わず手帳型のカバーを選ぶつもり。

c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-03-14 11:00 | モノ
おさかなスポンジ グレー・ホワイト・ネイビー

c0110869_1029377.jpg

握りやすくて、へたりにくくて、
昔から愛用していたおさかなスポンジ。

でもここ数年は、カラフルなものは遠慮したくて、
他のを転々としていた。

でもやっぱり、どれもすぐにへたるから、
おさかなに戻ろうと探したら、
知らないあいだにモノトーン系の色が増えていた。
→マーナ おさかなスポンジ 大人色

すごく嬉しい。

c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-02-14 11:00 | モノ
フリーペーパーで文庫本カバーを作る。

c0110869_828178.jpg

旅のお供、文庫本。
中身はしょーもない本なので、見られたくない。

ふと思い立って、
ときどきいただくフリーペーパーを切って、
カバーにしてみる。

c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2017-02-11 11:00 | モノ
まな板を削る

c0110869_7183395.jpg

ああ、年末ってかんじ。
包丁も研いで、清々しい。


c0110869_13501823.jpg


by motoarai | 2016-12-29 11:00 | モノ
野菜の消しゴムはんこを作る。Tシャツにも。

c0110869_13211387.jpg

野菜セットに同梱しているお便り「キシ通信」も、
176通が過ぎた。

好きで続けていることだけど、
出荷シーズン中は、睡魔との戦いになってしまうこともしばしば。

少しでもお便りを書く気分を盛り上げようと、
3月のうちに消しゴムはんこをいっぱい作っていた。

図書館で検索したら、図案の本もけっこう借りることができたけど、
自分の欲しいサイズは1cm四方の小さいものなので、
細かすぎてかなり苦労する。

それでも掘り始めると時間を忘れて没頭してしまい、
つくづく、こういうちまちました手仕事が好きなんだなぁと思った。




c0110869_13212923.jpg

大きいはんこ作りは、とても簡単。

布用インク(バーサクラフトL)の白を買って、
無地Tシャツにも押してみた。

安くて薄くて着心地がいいプリントスターライトウェイトに。
もう夏は、コレかドライTシャツしか着たくない。

実は、ずっとやりたいと思って2年くらい前から確保していた無地Tシャツ。
やっとそんな時間が作れるようになった。

「かわいくないけど、よくにあうね!」と4歳娘に言われたよ。

追記:やっぱり洗濯を繰り返したら消えかけてしまった…

c0110869_13501823.jpg

by motoarai | 2016-04-27 11:00 | モノ
褒められ弁当箱

c0110869_10591580.jpg

一年前に購入したお弁当箱。
≪食洗機対応≫曲げわっぱ 小判弁当箱

あの頃は、自分で開け閉めできるかが問題だったのね。
懐かしい。成長したもんだ。

今年も2週間の弁当期間。
あと2回で終わり。

春休みの臨時保育なので、先生も毎日変わる。
毎回、「お弁当が豪華ですね」と褒められる。

いえいえ、芋と玉子とウィンナーさえ入ってれば
毎日同じでも文句を言われないから助かるんです。

おかずは用意しておくから、自分で詰めていってね、
とできれば、どれだけ楽になるか。
何年生くらいからできるようになるかなぁ。



野菜セット 定期宅配はこちら
c0110869_197914.jpg


by motoarai | 2016-03-30 11:00 | モノ
バーミックスのミルでてんさい糖粉砕、かつお粉だし、ナッツの粉

c0110869_13113595.jpg

てんさい糖やきび糖を使って粉っぽい焼き菓子を作ると、
溶け残りが気になり、和三盆を買うようになった。

ふと思い出して、バーミックスについてきたミルのようなもので
さらさらの粉糖のようにしてみた。




c0110869_13115154.jpg

試しに、いつものショートブレッドを焼いてみると、
やはり溶け残りってしまい、ザクザクの食感でがっかり。

時間がなくて、すぐにケーキクーラーの上で冷ましたのもいけない。
天板に乗せたままゆっくり冷ましたほうが、より乾いてサクサクになる。




c0110869_13121363.jpg

でも、これは使わないともったいないと思い、
削り節を粉だしにしてみようかと。

市販のだしパックや粉末だしは、
使ったり使わなかったりで、
どうしても期限切れでだめにしてしまうことが多いから。

手作り粉だしなら、食卓でも頻度が高そうな気がして。

どうやら、あとから調べてみると、
これは「スーパーグラインダー」という粗挽き用で、
さらに粉末状にするには、「パウダーディスク」が必要らしい。





c0110869_13122718.jpg

ナッツの粉を入れるクッキーでは、
いつもフープロで砕いてたけど、
このグラインダーを使ったほうが手軽だった。
今頃気がついた。

フードプロセッサーは、固いものを砕くには不向きだったみたい。
どうりでムラがあったわけだ。




c0110869_13123770.jpg

で、このサラサラになったカシューナッツの粉でクッキー

和三盆を茶こしでふるって、しっかりとバターに練り混ぜ、
焼成後は天板の乗せたままゆっくり冷ましたら、
予想通り、サクサクホロリとなって嬉しい。

いままで、シラネ全粒粉を使っているからザクザクなのかな?
と思って、白い薄力粉も試したりしたけど、
どうやら、砂糖の溶け方と、焼成後の乾かし方でも食感は激変するみたい。
これは、この冬いちばんの発見だった。

スコーンでも和三盆を使えば、また変わりそうで楽しみ。
和三盆も精製糖には変わりないけど、
ミネラル分を含んでいるらしくて、粉糖よりコクがあるのだとか。

逆に、卵や液体を使うようなケーキ類では、
てんさい糖、きび糖や、必要に応じてグラニュー糖を使おうと思う。




野菜セット 定期宅配はこちら
c0110869_197914.jpg



by motoarai | 2016-02-21 13:12 | モノ