_c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

_c0110869_12542950.jpg
_c0110869_13314832.jpg
_c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(182)
(179)
(158)
(94)
(81)
(80)
(73)
(69)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
more...
記事ランキング
<   2008年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧
果物や和菓子用の木のフォークを作る(柿渋・みつろう仕上げ)

果物や和菓子用の木のフォークを作る(柿渋・みつろう仕上げ)_c0110869_2321042.jpg

箱根の菜の花でお茶をするたびに、
美しく盛れば、少量でも満たされることを思い知る。

大福でも、どら焼きでも、シュークリームでも、
家では、包みごと手づかみで食べてるから。





果物や和菓子用の木のフォークを作る(柿渋・みつろう仕上げ)_c0110869_23211576.jpg一から作ったわけではなくて、
もとはダイソーの。

つまり1本50円。


果物や和菓子用の木のフォークを作る(柿渋・みつろう仕上げ)_c0110869_23212849.jpg手頃な彫刻刃を持ってないので、
カンナとノミだけで、ちまちま削る。

見本にしたのは、左から2番目、
三谷龍二のデザートフォーク。
材質は、たぶん桜。

柿渋1回塗っただけでは、
薄ピンクで粗末なかんじ。


果物や和菓子用の木のフォークを作る(柿渋・みつろう仕上げ)_c0110869_2321417.jpg純良天然柿渋 100cc 315円
ジョイフル本田にて

ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノ、そら豆
が苦手な夫は、この発酵臭に半ギレ状態。

「塗るなら外でやってくれ」と。



果物や和菓子用の木のフォークを作る(柿渋・みつろう仕上げ)_c0110869_23215939.jpgじっくり1週間くらいかけて
5~6回塗り重ねてみる。
4回目くらいから、自然な濡れ色とツヤが。


果物や和菓子用の木のフォークを作る(柿渋・みつろう仕上げ)_c0110869_23221266.jpgみつろう仕上げやってみたくて、
試しに、粉末のを100g買ってみる。
こちらで送料200円。

昨今の中国の蜂蜜事情なんかを知ると、
やっぱりミツロウも国産のを探してしまう。

湯煎で溶かしても、
すぐにろうそく状になって塗りにくく、
菜種油と混ぜて、なんとか仕上げる。



「まだ柿渋臭がする!」と、手づかみでリンゴを食べた夫。
乾燥させたコーヒーのダシガラに放り込んで数日放置。
ようやく使ってもらえる状態になった。
 
by motoarai | 2008-05-10 23:19 | モノ
バター入り山食(ワンローフ)

バター入り山食(ワンローフ)_c0110869_2262345.jpg

母の日用に送ることと、
ちょといいバターが届いたこともあり、
めずらしくバターを4%ほど入れてみる。

元種が未熟だったのか、
一次発酵が若すぎたか、
ホイロ高温を保っても、なかなか上がってこない。
2.5H待って、ようやく型上2cm。

こういうときは、たいがい窯伸びしないのであきらめていたが、
おかしなくらい膨らむ。
さすが、バター入りは違う。
生地量を減らすべき。


バター入り山食(ワンローフ)_c0110869_2263779.jpg
早起きして頑張ってみたけど、
結局出勤までには冷めず。
発送は断念。
また日曜にゆっくり作ろう。

なんとなく、くどい味。
毎日食べるなら、やっぱりなたね油のほうが好み。


→配合は…
by motoarai | 2008-05-09 22:15 | パン
初、手打ちうどん

初、手打ちうどん_c0110869_738169.jpg

古い粉を使い切りたくて、
みのりの丘9割+ネージュ1割。

味はいいんだけど、すごくアゴが疲れる麺。
卵と油脂が入るパスタと同じに考えたらダメだよな。

仕込み粉量350g(次は400gで)
塩5% 水49% (対粉)
茹で時間11分くらい



初、手打ちうどん_c0110869_7382474.jpg
旅に出るたびに、竹細工を探している。

松本の上原善平商店
秩父の新井竹細工店に続き、
今回は、道の駅富士吉田で。

洗面器くらいの竹ザル。2500円。
ほかのサイズも、手間を考えたらとてもお値打ち。
松本とかの高価なものに比べたら、多少ざっくり感があるかな。

ずっと探していたサイズ、
麺も洗いやすくて、水切れも良くて、感激。



初、手打ちうどん_c0110869_738594.jpg
パスタマシンで、厚さ最大(2ミリくらい)
幅6.5ミリのカッター。
次回は4ミリでよさそう。



by motoarai | 2008-05-08 08:29 | モノ
LODGEで肉カレー

LODGEで肉カレー_c0110869_21541789.jpg

いただいて帰ったBBQのお肉、てんこもり。
ラム、ローストチキン骨ごと、ポーク。

いつも、片手のひらに乗る程度の肉しか入れない我が家では、
二度と味わえないカレー。

ルーが足りなくて、あらゆるスパイスを足す。
甘さ調整には、意外とオレンジピールが役立つ。

昨年6月に、夫が衝動買いしたLODGE。
使うのは二回目。
しかも外デビューは、いまだしていない。


More・・・
by motoarai | 2008-05-07 22:18 | モノ
バタール2本(小石蒸気なし)

バタール2本(小石蒸気なし)_c0110869_21435317.jpg

配合はとくに変えず。

いままで、ツヤがありすぎたのと、
クープひっついて開かないのが気になり、
小石に蒸気を100cc→80cc→50ccと減らしてきたが、
今回、思い切って小石なし。
オーブンのスチーム機能だけ使ってみる。

予感的中。良い出来。
いままでの蒸気の努力はいったい…。



バタール2本(小石蒸気なし)_c0110869_2144436.jpg

左は、激しく布にひっついて無理な力がかかり、
クープが2本につながってしまう。

一見、右が成功のように見えるけど、
実は、左の開き方が好み。

   左の成型:三つ折りしてから、真ん中でもう一回折る。
右の成型:三つ折りしてから、さらに2回折る。

刃の角度立てすぎなのかと思ってたけど、
成型で張らせすぎてたってのもありかも。


→配合は…
by motoarai | 2008-05-06 21:54 | パン
粉といっしょに「ばんじゅう」も購入

粉といっしょに「ばんじゅう」も購入_c0110869_1742743.jpg

ベンチタイムはフタするだけ。
いちいちビニールかぶせたりしなくてラク。

捏ね上げ後に、フィリングを切り混ぜるってやつをやってみたくて。
たとえば、春菊のリュスティックとか。
カンパーニュ生地多く仕込んで、半分は変化をつけたい。
ボールでそれをやると、捏ねてしまいそうなので、ばんじゅうを購入。



粉といっしょに「ばんじゅう」も購入_c0110869_1752098.jpg
半ばんじゅう。
うちのオーブン(33L)にもぴったり入る。
1分くらいスイッチ入れて温めたり。

最近は、網の上で、底上げして温めている。



粉といっしょに「ばんじゅう」も購入_c0110869_1745077.jpg
ホイロもこの中でやってみる。
スチーム機能も濡れ手ぬぐいも使わず。
フタをすれば乾燥はしないようで、ホッとする。
でも冬は、濡れ手ぬぐいが必要かな。

布取りの下には、ベニヤ板を敷いている。
取り出しやすい。



粉といっしょに「ばんじゅう」も購入_c0110869_1321128.jpg
オーブン予熱中は、こんなかんじで、上でホイロ。
天板でこれをやっていた頃は、
熱伝導良すぎて、熱くなりすぎて困っていた。

ばんじゅうなら、熱をそこまで伝えないし、
中にベニヤも敷いてるので、ほどよく温かい。
オーブン220℃くらいまでは、ばんじゅう内28℃くらい。
(もちろん、季節によりけり)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


粉といっしょに「ばんじゅう」も購入_c0110869_17737.jpg
で、粉は2ヶ月前と同じ。

みのりの丘       5kg
はるゆたか2      2kg×2
ネージュ(道産薄力粉)2.5kg
半ばんじゅうとその蓋

アントュルメヤフーショップにて (送料600円)



by motoarai | 2008-05-06 17:24 | モノ
レンジなしでご飯を温める(冷蔵ご飯)

レンジなしでご飯を温める(冷蔵ご飯)_c0110869_21124695.jpg

朝おにぎりのときは、ホカホカを握りたい。

残りご飯、レンジない時代はどうしてたんだっけ。
とりあえず、圧力鍋+水2カップで蒸してみる。
沸騰してから8分。
べちゃべちゃせずに、ちゃんとホカホカ。

ただ、冷蔵ご飯だったから、多少ぼそぼそはする。
冷凍でも、この方法で温め直せるのだろうか。


電子レンジ=発ガン性物質云々とか、
さすがにそこまで神経質にはなってないけど、
やっぱり、分子レベルで栄養素が破壊されているのかなぁ。
偶然、こちらを拝見して。

ホットミルクとかも、
小鍋で、火を使って温めたほうが、断然おいしいと思う。
とくに、冷めた後の味に差が出るような気がしていたから。



レンジなしでご飯を温める(冷蔵ご飯)_c0110869_2113261.jpg
コツコツ冷凍庫で貯めてきた昆布のダシガラ。
干し椎茸も加えて、佃煮に。
おにぎりが続くと、あっという間になくなる。



レンジなしでご飯を温める(冷蔵ご飯)_c0110869_21131348.jpg
大地宅配で、葉つき人参が届く。
こちらを参考にふりかけに。

いつも、この手のふりかけは、
おかか+しょうゆとかだったけど、
そうか、干しえびか。

塩メインで、鉄フライパンなので、
より一層パラリとなって美味しい。


by motoarai | 2008-05-05 21:35
ういろうネタに、黒豆を煮る

ういろうネタに、黒豆を煮る_c0110869_8401021.jpg

いつかあんぱん用に、と冷凍してある粒餡もあるけど、
ういろうにするには、ちょっと足りない。

お正月のときの黒豆の残りを煮て、使い切る。
煮汁で真っ黒プリンもいいけど、
今回は真っ黒ういろうにしてみたい。

いつも手抜きなので、圧力鍋レシピで。
ただ、煮詰まらないので、汁が多く残ってしまう。
このときは、ちょっと甘さが足りないかな、という程度。

冷めたら、小さいココットロンドに移し変えて冷蔵庫へ。
翌日以降、気が向いたときに火にかけて、すれすれまで煮詰める。
甘みがしみ込んで、ぐっと美味しくなる。



by motoarai | 2008-05-03 08:50 | おやつ
酒粕酵母でざっくりスコーン(チョコチップ&生クリーム)

酒粕酵母でざっくりスコーン(チョコチップ&生クリーム)_c0110869_23115390.jpg

いつものスコーンで。

うっかり大地バター注文し忘れてて、
冷凍庫の生クリーム(乳脂3.6)で代用。
じゃりじゃり、シャーベット状にくずしてフープロへ。

中、ふんわりしてるけど、焼いたその日だからか。
後味ちょっとボソッとしてるような。

タイミングあわず、また2日間寝かせてしまったうえに、
今回固形油脂がまったくないので、
油しみだしたかんじ。
やっぱりバターは大事だな。

自家製夏みかんピールを入れなかったので、
洗双糖5%では物足りない。


by motoarai | 2008-05-02 23:17 | おやつ