_c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

_c0110869_12542950.jpg
_c0110869_13314832.jpg
_c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(182)
(179)
(158)
(94)
(81)
(80)
(73)
(69)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
more...
記事ランキング
<   2008年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧
生クリーム入り角食とテーブルロール(水分多め)

生クリーム入り角食とテーブルロール(水分多め)_c0110869_2194532.jpg

たくさん仕込めて、無難なパンを。
と思ったら、前回と同じ配合

まったく同じもつまらないので、
粉はみのりの丘100%、
総水分は64.5%に増やし、
角食の型比は3.8に上げてみる。

e-パン工房のプルマンのように、
U字で型に詰めたら、側面がきれい。

前回より香りが良い気がする。
少しもっちりか?捏ねすぎなのかな。



生クリーム入り角食とテーブルロール(水分多め)_c0110869_21232784.jpg
さすがに、水分少なめだった前回ほど、
巻き目くっきりではない。

でも翌日もパサつかず、しっとり美味しい。

成型、ちょっと反発あった。
次回、ベンチ、丸15分+しずく15分で。
ゆっくり休ませる。

ホイロ35~32℃ 1.5H
十分な大きさに思えたけど、まだ早かったみたい。
一部、わずかに底割れ。

やっぱり、多少焼きムラあっても下段がいいかな。
下火弱くて。



by motoarai | 2008-08-31 21:22 | パン
黄色いキウイでジャムを作る

黄色いキウイでジャムを作る_c0110869_22364495.jpg

食べきれないからジャムにしようと、
切ってみたら、中が黄色だった。

予想していた酸味はなく、
バナナみたいにねっとり甘い。

もったいないから、3個だけジャムにしてみる。
正味274g。
鍋は、16cmのココットロンドで。


黄色いキウイでジャムを作る_c0110869_22365818.jpg
40%の洗双糖(109g)
まぶして、水が上がるまでしばらく放置。

短時間で煮上がるよう、
いつものように強めの中火で。

今回は、量も少ないから、
フツフツしてから10分程度。

冷やしたトレーに垂らすチェックを怠る。
冷めたビンを傾けると、ゆっくり動くくらいの固さ。
ちょっと煮詰めすぎ。
次からはちゃんとチェックしよう。

高さ7cmくらいの小さいビン、1.3個分。

この勢いで、梨も少しジャムにしてみたい。


by motoarai | 2008-08-30 22:46
型抜きビスケット(黒糖少々)

型抜きビスケット(黒糖少々)_c0110869_23411294.jpg

すでに消費期限を3ヶ月過ぎている、
アーモンドプードルを消費するために。

前回の配合を、卵抜きで、
牛乳28%~、バター10%、洗双糖15%、粉末黒糖5%に変えて。

前みたいな、さくっとした感じがないかも。
卵ないうえに、油脂も減らしたからか。

もうちょっと薄くして、
焼き時間も長くしないと厳しい。

黒糖使うなら、せめて10%~。




タグ:
by motoarai | 2008-08-26 23:42 | おやつ
生クリーム入り角食とテーブルロール

生クリーム入り角食とテーブルロール_c0110869_221572.jpg

先日のケーキで余った生クリーム。
冷凍してたのをガシガシ削って、10%配合。

いつもテーブルロールは、
巻き目が消えて、丸パンみたいになりがちだったので、
今回はベンチしっかりきっちりとってみる。
丸めて20分+しずく型にして10分。
成型は、ゆるめに巻く。
下火弱めを意識して、冷たい天板2枚重ね。

ぽってりと、好みのカタチに。
食パン生地なので、甘み少なくあっさり。


(参考)日本一おいしいバターロールだって。
やっぱり、巻き終わりはぽってりがいい。




生クリーム入り角食とテーブルロール_c0110869_2223096.jpg
2年前に型を買ってから、
これで2回目の角食。

いつもなら、ミニ食2本とるところだけど、
角食1本のほうがホイロ時間稼げることに、いまさら気づく。
小さいパンとの連続焼成がスムーズ。

蓋してるにも関わらず、
焼減率は、いつもの山食より高い(10.3%)
生地量少ないからか。
型比は3.7。


生クリーム入り角食とテーブルロール_c0110869_953833.jpg
追記
いつも通りの風味だけど、
山食とは違う、キメの細かさにうっとり。

ホイロは適正だったみたい。
あとは、生地量を少しずつ減らしてみる。


→配合は…
by motoarai | 2008-08-25 22:23 | パン
煎茶を炒ってほうじ茶にする

煎茶を炒ってほうじ茶にする_c0110869_21281048.jpg

来客ゼロの我が家では、なかなか減らない煎茶。
甘いもののお供ならともかく、
水分補給に、渋いものはあんまりすすまないので。

どこかの銘茶やら、
台湾土産のお茶やら、
友人宅で栽培している手作り茶まで。
期限切れのをまとめて炒ってみる。
こちらを参考に。

煎茶を炒ると、カフェインはなくなるらしい。
タンニンも減るのかな。

台湾茶がすごく美味しかったんだと思う。
部屋中マスカットフレーバー。


玄米茶になるかなと、一緒に炒ってみる。
あとで調べると、「炒り玄米」というのはすごい毒出し効果があるらしい。
こちらこちらを参考に。
これは煎じるより、そのまま摂取しないとモッタイナイ。
いつかまとめて炒って、粉にしてみよう。



煎茶を炒ってほうじ茶にする_c0110869_21282124.jpg
焙じ立てを一杯。
香りがすごく良い。


ドクダミ茶作ったあたりから、
積極的に温かいお茶を飲むようになっている。

さすがに、真夏の暑いときは水出し麦茶だったけど。

別に冷え性とかではないけれど、
いや、むしろ暑がりなんだけど、
管を冷たいものが通ったら、まわりの熱を奪うわけで、
皮膚が冷えてなくても、内臓を冷やしてしまっていることにも納得。



タグ:
by motoarai | 2008-08-24 21:22
バースデーケーキ チョコバナナショート

バースデーケーキ チョコバナナショート_c0110869_1861786.jpg

月にいちどのお楽しみ、手作りケーキ。
今月は、イチゴのかわりにバナナで安上がり。

スポンジは、前回の義母レシピと同じ。
粉は、クーヘンでなくネージュで。

オート機能のスポンジケーキキー、
温度設定、そうとう低そう。
34分焼いて、少ししぼむ。
スチームのせいかも。

次回から手動で160~170℃で32分。
ちなみに、初回の義母スポンジでは、
170℃30分でしっかりめ。



バースデーケーキ チョコバナナショート_c0110869_187220.jpg
チョコソースは、こちらのレシピを拝借。
バナナの変色を隠せるかなと。

クリームかスポンジをチョコ色にしてみたかったけど、
余計なことして失敗しそう、という主役の忠告に従っておく。

クッキーのようなもの、
買いに行くのも、手作りするのも面倒で、
冷凍庫にあったメロン皮ストックを、つぶして焼く。
甘くて重い。



バースデーケーキ チョコバナナショート_c0110869_1871940.jpg
クーヘンのようなもっちり感はなくなり、
ぱふっと膨らんだ気もしたけど、
夫の第一声は「ずっしり」。

ちょっとしぼんだせいもあるのかな。
軽いけれども口どけがいい、ってのできるのか。



タグ:
by motoarai | 2008-08-21 18:25 | おやつ
手打ち冷やし中華 茹で鶏スープのタレ

手打ち冷やし中華 茹で鶏スープのタレ_c0110869_11523231.jpg

前夜に製麺して、ほぼ丸1日熟成。

今日の麺はすごい。
つるつるしすぎて、うまくすすれないくらい。
甘みがあって美味しい。
ラーメンも絶対いけそう。
ああ、冬が待ち遠しい。

打ち粉、片栗粉切らしてて強力粉で。
そのせいなのか、それともタッパ内で麺2段に重ねたからか、
くっつき気味。

でも茹でてしまえば離れたけど。

ちょっと大きめの、平たいバットのようなタッパ買おうかな。



手打ち冷やし中華 茹で鶏スープのタレ_c0110869_11525221.jpg
先日の茹で鶏のスープを、
少し煮詰めてカサ減らして、
洗双糖、醤油、酢、ごま油などを加えタレに。

なんて上品な味。
飲み干してしまいそう。


またまた大地宅配前夜につき、具が不足。
むりやり茄子焼いたりして。
でも酸っぱいタレとよく合って美味しい。


→今回の配合メモ…
by motoarai | 2008-08-20 12:03
クーヘンでカンパーニュなど

クーヘンでカンパーニュなど_c0110869_0251027.jpg

購入した「北海道のめぐみ」(楽天)のサイトによると、
『灰分:0.63 蛋白:10.7』

中力粉としてもいけるかなと思ったけど、
やっぱり薄力粉としてとらえるべきかも。

クーヘン88%
吸水すこぶる低いし、力ないかんじ。
水63%で多すぎて、うまく捏ねられてなかったかも。
(ライ麦使い切りたくて、12%も入れてしまったのもあり)

捏ね上げ温度22.5℃。
灰分多いこともあり、デローンとゆるむ。
パンチ1回では足りなかったか。
成型、締めの回数多くすればよかった。

ホイロで表面乾かしても、クープぎざぎざ。
小石蒸気やったら、裏目に出てくっつく。

食感、引きが弱く、もふっと噛み切れる。


ただ、旨み香りはすごい。
タイプERでうまくいったかんじのアレ。
次からは、うまいことブレンドを試していきたい。




by motoarai | 2008-08-19 00:23 | パン
青いトマトのピクルス

青いトマトのピクルス_c0110869_21263927.jpg

旅からもどると、
ミニトマトが伸び放題に渦を巻いていて、
引っ張りだしてたら、うっかり折ってしまった。

まだまだこれからの、
青い実がたくさん付いていたのに。

こちらを参考にして、ピクルスにしてみる。

マリネ液は、りんご酢100cc、水35cc、
洗双糖小さじ1、塩小さじ1/5、小さいローリエ1枚、粒こしょう少々



タグ:
by motoarai | 2008-08-18 21:32
手みやげマフィン

手みやげマフィン_c0110869_1313077.jpg

いつものホットプレートマフィン
粉は、みのりの丘とはるゆたかⅡ半々。
酵母は、ホシノ6%に置き換えて。
なたね油は2%
トータル水分63%(少ないかも)

ベンチあり、丸めなおして成型。
64gくらいを8個にしたけど、
結局くっつく。

今回は、フタ始めのうちからはずして。
なーんか、ネッチョリ気味。
生じゃないけど、時間かけすぎたような、
無理やり白く焼いた白パンの味。
やわらかいけど、香ばしさがない。


山中湖へ4個持ってく。
まだ早い自家製梅干しといっしょに。



by motoarai | 2008-08-17 13:10 | パン