S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
_c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

_c0110869_12542950.jpg
_c0110869_13314832.jpg
_c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)

ただいま冬休み中です。
5月末から再開予定。


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(182)
(172)
(154)
(92)
(81)
(80)
(73)
(69)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...
記事ランキング
タグ:小麦2012 ( 7 ) タグの人気記事
小麦2012の脱穀

小麦2012の脱穀_c0110869_22285746.jpg

夕立のない猛暑日が続き、
刈り取ってはざがけしていた小麦が
パキパキに乾いてくれる。

他の作物的には雨が欲しいのだけど、
小麦にとっては、昨年同様今年も好条件。

ひたすら脱穀機に通していく。





小麦2012の脱穀_c0110869_22293786.jpg
殻が外れた玄麦が出てくる。
去年より小粒なような。

これがまた来年のタネとなる。

これを自家製粉して全粒粉となる。





小麦2012の脱穀_c0110869_2230769.jpg
冬の凍み上がりで、
パン用小麦は収穫できなかったけど、
こちらのシラネ(中力粉)は、結果的に豊作。

昨年ほどではないけれど、
一般的な反収の1.5培ほどの収量。

栽培までは簡単だけど、
収穫や製粉に膨大な時間のかかる小麦。

穫れすぎても困るので、
来年からは面積を減らしてみようかなと思ったり。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


既にご注文いただいて、これから出荷するシラネは、
こちらの新麦に変わります。


今後は、9月中旬頃まで製粉をお休みさせていただきます。



キシノウエンの小麦のはなし


by motoarai | 2012-07-28 22:28 | 畑しごと
小麦2012を刈って、はざがけ

小麦2012を刈って、はざがけ_c0110869_1633782.jpg

青と緑のコントラストに目がクラクラする30℃越えの晴天。

文字通り、こんがり小麦色に色付いた中力粉(シラネ)を収穫。
(花が咲いたのはこのとき。)

雪融けの頃は、こちら

寒さに強くない品種のパン用小麦のほうは、
凍み上がりで枯れてしまったので、今年は収穫なし。

昨年の強力粉が豊作だったので、
引き続き2011年産を使って冬のパンを焼いていこう。
(脱酸素状態で保存中)

それに比べて、このシラネの強靱なことといったら。
まさかここまで復活するとは思わなかった。
やっぱり、この地に合った品種なんだね。

パン用強力粉は、寒冷地でも栽培できる品種を開発中と聞いたので、
それが出る頃に本格的に栽培できるといいなぁ。





小麦2012を刈って、はざがけ_c0110869_16347100.jpg

刈り倒した小麦の束を、はざがけしてお日様の力で乾燥させる。

昨年と同じ7月17日の作業。
今年のは、種まきが2日遅かったこともあり、
春が異常に寒かったこともあり、
昨年に比べてまだちょっぴり青が残っている。

刈っている最中に梅雨明け宣言。

だったらまだ置いといても良かった?
いやいや、もうあとは一雨ごとに倒れる一方だし。





小麦2012を刈って、はざがけ_c0110869_1635792.jpg

昨年は、妊婦時代のナンバーワンに過酷だったこの作業。
何度もお腹が張って、倒れ込むように休憩しながらやったっけ。

2回目だから慣れてちょっとラク、なんてことはなく、
一年一年歳をとって、毎年確実に体力は衰えていく。

どんどん規模を縮小したくなっていくんだろうね、と
ババ臭い話をしながら収穫する。


(その後の脱穀は→こちら



→キシノウエンの小麦の話



by motoarai | 2012-07-17 20:02 | 畑しごと
最近の小麦畑2012

最近の小麦畑2012_c0110869_21375026.jpg

3月終わりには落ち込んでいた小麦畑2012。

一ヶ月経ち、中力粉(シラネ)は復活。
さすが、寒さに強い品種。

しかし、奥の強力粉(ゆめかおり)はショボショボ。
こちらは期待薄。




最近の小麦畑2012_c0110869_2138880.jpg

足元にはヒメオドリコソウがいっぱい。

昨年は、この一帯をナズナ(=ペンペン草=アブラナ科)で埋め尽くしてしまい、
あとで大変後悔することになってしまった。

起こすタイミングで、草も変わるもんだと実感。





今日の立科町美上下(標高1000mの畑)
くもり
最低6℃  最高13℃ 


by motoarai | 2012-04-27 21:33 | 畑しごと
2012年3月26日の畑(残る雪と、寂しい小麦)

2012年3月26日の畑(残る雪と、寂しい小麦)_c0110869_1363449.jpg

数日前、ようやく初めて土が見えてきた畑。

一年前は、3月20日には肥料をまいて耕していたのに。
今年は、まだほとんどが雪融けでべちゃべちゃ。




2012年3月26日の畑(残る雪と、寂しい小麦)_c0110869_1364694.jpg
冬の間にすごーく考えた作付け計画も変更して、
一部、乾きやすいところだけに、近日中に急いで肥料まき。




2012年3月26日の畑(残る雪と、寂しい小麦)_c0110869_1381497.jpg
強烈な寒さのせいと、
シカにほとんど食べられちゃったせいもあり、
とても寂しげな小麦2012の畑。

一年前の3月の写真を見ると、青々としていて歴然の差が。。





今日の立科町美上下(標高1000mの畑)
くもり ときどき 晴れ
最低 -9℃  最高3℃ 
彼岸を過ぎてもこの寒さ


by motoarai | 2012-03-26 13:05 | 畑しごと
パン用小麦をとうみにかける / 雪の小麦畑2012

パン用小麦をとうみにかける / 雪の小麦畑2012_c0110869_165069.jpg

そろそろ食パンを食べたくなってきたので、
パン用小麦(強力粉のほう)をとうみにかけて
ゴミを飛ばしてから、自家製粉。




パン用小麦をとうみにかける / 雪の小麦畑2012_c0110869_16502032.jpg
昨日は、久々にまとまった雪。
クリスマスから残っていた雪と合わせて、
積雪20cm弱。

畑の前は、ほとんど車通りのない道路だけど、
いちおう除雪車が通ってくれる。

道路脇に積み上げられた雪のために、
雪かきしないと軽トラが入れない。





パン用小麦をとうみにかける / 雪の小麦畑2012_c0110869_16503177.jpg
一面銀世界。
・・・のはずが、ケモノの跡。

ここは、小麦2012の畑
さっそくシカが食べにきている。
この時期は、電柵していてもこの通り。

でも、昨年の経験からすると、この時期の食害はあまり影響ないみたい。

キシノウエンの小麦のはなし




今日の立科町美上下(標高1000mの畑)
晴れ
最低-14℃  最高-1℃ 


by motoarai | 2012-01-05 16:50 | 畑しごと
発芽した小麦

発芽した小麦_c0110869_23403420.jpg

このとき土作りをした小麦畑。

9月の終わり、私の入院中に、
夫がひとりで種まきをしてくれた。

山の紅葉が輝くなか、
小麦だけが青々と。





今日の立科町美上下(標高1000mの畑)
晴れ 11月とは思えない汗ばむ陽気
最低2℃  最高20℃ 


by motoarai | 2011-11-01 23:39 | 畑しごと
小麦2012の土作り

小麦2012の土作り_c0110869_21483011.jpg

今年は、ずっと空いていた下の畑で。

もともとの肥料バランスが悪いようで、
8種類もの有機質肥料を入れて調整することに。

肥料バケツ抱えて、無言で行ったり来たり。
結局、半日以上かかってしまう。

空気は秋なんだけど、玉の汗がポロポロと。





今日の立科町美上下(標高1000mの畑)
晴れ ときどき くもり
最低17℃  最高28℃ 

by motoarai | 2011-08-28 21:33 | 畑しごと