S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
_c0110869_06002450.jpg
もとアライこと、キシユミ。
キシノウエンのブログです。

信州に移住して、いろいろな
お野菜を作っています。

_c0110869_12542950.jpg
_c0110869_13314832.jpg
_c0110869_9591847.jpg

今週の野菜セット内容
(毎週月曜 午後更新)


2020年の定期宅配は
5月末から再開予定です


カテゴリ
今週お届けの野菜セット
畑しごと
酵母いろいろ
農家の地味メシ
パン
おやつ
針しごと
モノ
季節の記録
お出かけ
ワタクシゴト
タグ
(277)
(182)
(173)
(158)
(92)
(81)
(80)
(73)
(69)
(66)
(65)
(51)
(36)
(34)
(33)
(30)
(19)
(18)
(18)
(16)
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
more...
記事ランキング
タグ:手打ち麺・ピザ・皮 ( 73 ) タグの人気記事
豆サラダピザ

豆サラダピザ_c0110869_1594929.jpg

初物の花豆マリネと、ルッコラと、いただきものの生ハムを使って、
サラダピザのようにしていただく。

冷めても固くならないような工夫。
我が家のピザ生地にしては珍しく、
糖分と油分をそれなりの量いれてみた。

これがさっくり歯切れ良く、
焼き色もよく付いて、なかなか気に入った。

底面をガス火で焼いている間も、
上が乾かないように、ハケで油塗ったり、霧吹いたり。


キシノウエン産ゆめかおり全粒粉 400g
きび糖15g 塩5g弱 太白胡麻油15g 
白神こだま酵母小さじ1/4 

ホームベーカリーのピザ生地コースでお手軽に。
発酵は室温5時間くらい。





豆サラダピザ_c0110869_1510741.jpg

10月に入ってから、枯れているサヤを少しずつ収穫している花豆。
(→2ヶ月前の花豆はこんな

12月の野菜セットに加わる予定です。





by motoarai | 2013-10-10 15:09 | 農家の地味メシ
ほぼ100%キシノウエン産素材でピザ

ほぼ100%キシノウエン産素材でピザ_c0110869_15205728.jpg

収穫したばかりの「ゆめかおり」(強力粉)を製粉して、
ピザ生地にしてみる。

個人的には、「シラネ」(中力粉)で作るもっちりしたピザ生地のほうが好みだけど、
1歳児が食べやすいふかふかなピザにするなら強力粉。

昨年作ったトマトソースを塗って、
その上にキシノウエン産玉ネギスライス、
あとは、トマト、バジル、ジャガイモ、ズッキーニ、ニンニクも畑のものを。




ほぼ100%キシノウエン産素材でピザ_c0110869_15211196.jpg

ズッキーニとニンニクはスライスして、
昨年の冷凍バジルペーストで和えたのを乗せて焼く。

パキパキ折って数分放置すればすぐに溶けるから便利。




ほぼ100%キシノウエン産素材でピザ_c0110869_1521242.jpg

もちろん、自家製タバスコもかかせない。
とても香りがよくて、ピザ、パスタが別物に変わる。

ハラペーニョ、たくさん穫れ始めました。
こちらで追加ご注文受付中です。



キシノウエンの小麦のはなし
(9月中旬から製粉再開予定です)

by motoarai | 2013-07-23 05:18 | 農家の地味メシ
初物バジルでピザ

初物バジルでピザ_c0110869_22303246.jpg
このときのバジルが育ってきた。

今年は、バジルペーストを大量ストックするつもり。





初物バジルでピザ_c0110869_22304060.jpg
さっそくピザに乗せていただく。

夫のスペシャルトマトソース(お昼の残り)と、
新玉ネギスライス、茹でてあったブロッコリー、
そして、新ニンニクがいい仕事をしてくれる。

ピザ生地は、強力粉との配合をいろいろ試してきたけど、
結局、シラネ全粒粉100%に落ち着いた。

もっちり、かみごたえがあって好み。


キシノウエン産シラネ全粒粉 300g
きび糖2% 塩2%弱 サフ0.5% 

ホームベーカリーのピザ生地コースでお手軽に。
発酵は30分~1時間くらい。

先に天板ごとガス火で焼いて底面を焼きつつ、具を乗せつつ、
そのあとグリルで表面を8分ほど焼く。

この仕込みの手軽さ、乗せる具はあるもので、というルールのおかげで、
ピザを頻繁に楽しめるようになった。

毎週土曜日はピザ曜日にしようかと。
次回は、ズッキーニとバジルペーストで。




キシノウエンの小麦のはなし


by motoarai | 2012-07-07 22:30 | 農家の地味メシ
キシノウエン産強力粉とシラネ半々でピザ

キシノウエン産強力粉とシラネ半々でピザ_c0110869_924579.jpg

夏野菜がない時期は、
たいてい玉ネギと舞茸を乗せるんだけど、
今日はそれにプラスして、
北海道土産の「鮭とば」も乗せてみた。

サーモンピザ、美味しい。


キシノウエンの小麦のはなし


by motoarai | 2012-04-16 20:48 | 農家の地味メシ
生ハムのピザ

生ハムのピザ_c0110869_1533340.jpg

いただきものの贅沢な生ハムをどうやって食べようかと。

やっぱりピザに乗せたいよね、ということで生地を仕込む。


キシノウエン産強力粉全粒粉 300g
塩2%弱 サフ1%弱 
ホームベーカリーのピザ生地コースでお手軽に。
発酵は30分~1時間くらい。

この量で生地2枚。
玉ネギときのこもたっぷり乗せて。

いつも2枚目のほうが、底がパリっと良い色に焼ける。
先に天板ごとガス火で焼いてから、グリルで表面を8分ほど焼く。



キシノウエンの小麦のはなし


by motoarai | 2012-03-28 22:32
全粒粉100%で手打ちパスタ

全粒粉100%で手打ちパスタ_c0110869_8262237.jpg

キシノウエン産強力粉全粒粉100%
やっぱり蕎麦みたいな色の麺になる。

仕込み粉量350g
全卵2個+水少々 塩5g

うどんと同じく足踏み3回。

40~50分寝かせて、
パスタマシン厚さ4、幅6.5ミリ。

乾燥はさせず、茹で時間3分半。




全粒粉100%で手打ちパスタ_c0110869_8264381.jpg

田舎っぽい麺。
もしかして、イタリアの片田舎ではこういうのあるのかも。

ちょっとプチプチ感が気になるかな。
そういえば、以前、乾麺の全粒粉パスタを買ったときも、
同じようにプチプチが気になったことを思い出した。

米でいうところの玄米みたいなもので、
けっこう食べ応えがあって、体には良さそうな気がする。

キシノウエンの小麦のはなし


by motoarai | 2012-01-26 21:26 | 農家の地味メシ
キシノウエン産小麦で初ピザ

キシノウエン産小麦で初ピザ_c0110869_1164966.jpg
生地は、キシノウエン産強力粉とシラネ(中力粉)を半々で。

仕込み粉量400gで、220g生地3枚分。
粗糖3%、サフ0.75%、塩2%、水61%~

夏のトマトを煮詰めたトマトソースを塗って、
スライス玉ネギと舞茸たっぷり、
角煮を少々とニンニク、水菜、
オリーブオイル、マヨネーズ、黒胡椒。

自家製タバスコも忘れずに。

冷めても美味しい生地に感激。
ああ、毎日食べたい。


 


キシノウエン産小麦で初ピザ_c0110869_117282.jpg
タオル干してるんじゃないよ。
ピザ生地だよ。

キシノウエンの小麦のはなし



by motoarai | 2012-01-21 11:06 | 農家の地味メシ
挽きたてシラネで手打ちうどん

挽きたてシラネで手打ちうどん_c0110869_1821218.jpg
引き続き、キシノウエン産中力粉(シラネ)を試食。

粉だけ見ると、白に近い、ちょっとくすんだような色。




挽きたてシラネで手打ちうどん_c0110869_1822596.jpg
水を加えると、かなり濃い色にかわる。
全粒粉ってかんじ。




挽きたてシラネで手打ちうどん_c0110869_1823425.jpg
久々、パスタマシンの登場。
仕込みはいつもと同じで、量は2回分(粉800g)

この写真は製麺直後だけど、
丸一日熟成後は、さらに色濃くなって蕎麦みたい。




挽きたてシラネで手打ちうどん_c0110869_1825063.jpg
寒いので、ちょっとだけ味見して、
あとは温かいつゆでいただく。

結構しっかりコシがある。
ツルシコというよりはモチモチ系?

透明感もあり、よく見ると粒々があるので、白いこんにゃくみたい。

当日もまあ美味しかったけど、
翌日(30時間熟成)は、コシも出て甘みもあってとても美味しかった。

田舎っぽい色会いなので、
太めに切って、鍋の〆のうどんによさそう。

冷たく食べるなら、あえて細めに切って蕎麦感覚でも面白いかも。




by motoarai | 2011-12-23 17:24 | 農家の地味メシ
紫芋のニョッキ カルボナーラソース

紫芋のニョッキ カルボナーラソース_c0110869_2315788.jpg

今年はじめて育ててみた紫色のサツマイモ。

ニョッキの生地に練り込んでみる。
量はいつもとほぼ同じで、
ジャガと紫を半々くらい。

ブルーベリーアイスのような色合い。




紫芋のニョッキ カルボナーラソース_c0110869_2321020.jpg
毎度、すぱすぱ切るだけ。

この量で、3人分では足りないくらい。



紫芋のニョッキ カルボナーラソース_c0110869_23153963.jpg
ホワイトソースにすれば、見た目は良いはず。

ジャガイモじゃないからか、
食感は、ちょっと好みと違うかも。

近いうちに、紫のモンブランも作ってみたい。

(紫芋は、11月中にお届け予定です)



by motoarai | 2011-11-07 23:25 | 農家の地味メシ
男爵とそば粉のニョッキ 春キャベツのトマトチーズソース

男爵とそば粉のニョッキ 春キャベツのトマトチーズソース_c0110869_21594633.jpg

思いつきで、小麦粉の代わりに
この時のそば粉を入れてみる。

小麦粉のようにグルテンがないせいか、
「プリッともっちり感」がなくて残念。

でも、貯蔵の男爵が美味しくて、大満足。

ドライパセリは、このときの
電子レンジで作って、
ビニールに入れて冷蔵保存。
まだまだ色鮮やか、香りも良くて使える。

今年は、イタリアンパセリもタネまく予定。




男爵とそば粉のニョッキ 春キャベツのトマトチーズソース_c0110869_21593464.jpg
ピスタチオアイスを思わせるような、渋い色。

スタンドミキサーのビーターを使って、
手早く作れるようになってきた。

ジャガイモ、たくさん食べよう。

男爵500g、そば粉100g+α、パルミジャーノ大さじ1、
卵1個、塩小さじ1、油脂なし



男爵とそば粉のニョッキ 春キャベツのトマトチーズソース_c0110869_21595585.jpg
結局、フォークで形作るのは省略。

お店でニョッキ頼んでも、結構この状態だったりして、
まあ、味も変わらないからいっか、と。




今日の立科町美上下(標高1000mの畑)
雪 積雪20cm
昼間も氷点下 


by motoarai | 2011-03-07 21:58 | 農家の地味メシ